当ブログの人気記事

マリオットボンヴォイからヒルトンオナーズへのステータスマッチについて解説したいと思います。

また、先日(2018年11月下旬)、私はマリオットボンヴォイのプラチナエリートからヒルトンオナーズのダイヤモンドへのステータスマッチに成功しましたので、こちらについても合わせて報告します。

2019年3月5日追記~改悪?~
読者様から情報提供がありましたので、追記させて頂きます。
ヒルトンオナーズでは、2019年3月5日現在、マリオットボンヴォイからのステータスマッチを停止しているとのことです。私が数日前(3/3)にヒルトンカスタマケアに確認した際は、「ステータスマッチ可能」と回答されたのですが、読者様は「ステータスマッチ不可」と回答されたそうです。
これからマリオットボンヴォイからヒルトンオナーズへのステータスマッチをされる方は、事前にヒルトンオナーズのカスタマケアに確認された方が良いと思われます。よろしくお願い致します。
ヒルトンオナーズカスタマケア:03-6864-1634

ステータスマッチとは・・・

ステータスマッチを例えて説明すると、

『私はAホテルグループのゴールドステータスなので、Bホテルグループのゴールドステータスを期間限定でもらえませんか?Bホテルグループのサービスが良ければBホテルグループでもAホテルグループと同じくたくさん利用しますよ』

と申請することで、Bホテルグループのゴールドステータスを期間限定でもらうことを言います。

Bホテルグループからすると、Aホテルグループでゴールドステータスを保持している人は、自ホテルグループでもそれなりの収益を見込めると考える訳です。ですので、Bホテルグループの同じステータスを体験してもらい、Bホテルグループの利用を促進したいわけです。

これがステータスマッチです。

ヒルトンオナーズの上級会員資格の条件

通常、ヒルトンオナーズの上級会員資格を獲得するためのには、以下の条件をクリアする必要があります。

会員ランク 条件
ブルー 入会だけ
シルバー 4回の滞在または10泊
ゴールド 20滞在または40泊または75,000ベースポイント
ダイヤモンド 30滞在または60泊または120,000ベースポイント

上記の条件は1暦年の間にクリアする必要がありますので、ゴールドやダイヤモンドのステータスを獲得/維持するは簡単ではありません。

マリオットボンヴォイ(旧SPG)とヒルトンオナーズのステータスマッチ

マリオットボンヴォイからヒルトンオナーズへのステータスマッチは、以下のステータスマッチが可能です。

  • マリオットボンヴォイのゴールドからヒルトンオナーズのゴールドへのステータスマッチ
  • マリオットボンヴォイのプラチナからヒルトンオナーズのダイヤモンドへのステータスマッチ

ヒルトンオナーズステータスマッチが承認されると、先に解説した条件をクリアすることなく、承認された日から90日間ステータスマッチされたステータスを維持することができます。

また、この90日間に所定の滞在数をクリアすると、ステータスマッチしたステータスが翌年度末(現在ですと2020年3月末)まで延長されるという嬉しい制度もあります。

この所定の滞在数というのが、難易度が比較的低い滞在数となっています。

ゴールドエリートにステータスマッチした場合、90日以内に4滞在、ダイヤモンドにステータスマッチした場合は、90日以内に4滞在でゴールドエリート、90日以内に8滞在でダイヤモンドエリートとして翌年度末まで延長されます。また、この滞在は、全額または一部ポイントを利用した宿泊も滞在日数にカウントされます。

宿泊数ではなく滞在数ですのでお間違いのないように!
例えば連泊した場合は、2泊でも3泊でも1滞在となります。滞在はチェックインからチェックアウトまでが1滞在ですご注意ください。

SPGアメックスカード会員は簡単にヒルトンゴールドにマッチ可能

SPGアメックスカードをお持ち方は、マリオットボンヴォイのゴールドエリートの資格があるので、簡単な手続きでヒルトンオーナーズのゴールドステータスを獲得することが可能です。

ヒルトンオーナーズのゴールドステータスは、マリオットボンヴォイのゴールドエリートと違い『朝食無料サービス(同伴者1名まで)』の特典があるので、ステータスマッチをする価値は十分にあると思います。

ちなみに私は、現在、マリオットボンヴォイのプラチナエリートですので、ヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスにステータスマッチすることが可能で、先日、実際にダイヤモンドステータスの資格を獲得しました。

では、順を追って詳しく解説していきます。

SPG/マリオットとヒルトンオナーズの特典比較

以下はヒルトンオナーズの各ステータスの特典内容です。

f:id:isao15453:20181210220425j:plain

ヒルトンオーナーズのステータス別特典一覧

特に魅力的なのは、ゴールドステータスでも朝食無料サービスがある点ですね。もちろん同伴者1名も無料となります。
ダイヤモンドステータスについては、マリオットボンヴォイと同様でスイートルームを含む客室のアップグレードがあります。

ちなみにレイトチェックアウトについては、原則、14:00までのようですが、客室の空き状況や交渉次第でさらに延長してもらえる場合もあります。

日本国内のヒルトンホテル

2019年現在、日本国内にあるヒルトン系列ホテルは以下の 13施設となります。

ヒルトンニセコビレッジ
ヒルトン成田
コンラッド東京
ヒルトン東京
ヒルトン東京お台場
ヒルトン東京ベイ
ヒルトン小田原リゾート&スパ
ヒルトン名古屋
ヒルトン大阪
ヒルトン福岡シーホーク
ヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン那覇
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城

国内各地にホテルがある訳ではないので、利用したい都市にホテルがない場合はメリットはあまりありません><

一方、都内や沖縄のホテルを利用する機会が多い方は、積極的に上級会員を資格を目指して頂ければと思います。

ヒルトンオナーズへのステータスマッチの条件

手続き方法については、のちほど詳しく説明しますが、ヒルトンオナーズへのステータスマッチに必要な手続きは、ヒルトンオナーズステータスマッチ専用サイトから以下の情報を入力/アップロードするだけです。

  • 名前
  • メールアドレス
  • ヒルトンオーナーズの会員番号
  • ステータスマッチ元のホテルグループ
  • ステータスマッチ元のステータス
  • ステータスマッチ元のステータスを証明できるもの(画面キャプチャー)
  • ステータスマッチ元のホテルグループでの12ヶ月以内の宿泊履歴(画面キャプチャー)

ステータスマッチは以下からお願いします。

補足
ステータスマッチをするには、ステータスマッチ元のホテルグループでの宿泊証明(12ヶ月以内)が必要となります。ですので、マリオットボンヴォイからステータスマッチする場合はマリオットボンヴォイのホテルグループで最低1泊は宿泊実績を残す必要があります。この宿泊実績は、ポイントを利用した宿泊でも問題ありません。

SPG/マリオットからヒルトンオナーズへのステータスマッチ手順

では、実際にマリオットボンヴォイからヒルトンオナーズへのステータスマッチ手順を解説致します。

前提として、マリオットボンヴォイのゴールドエリートまたはプラチナエリートであることが前提となります。
マリオットボンヴォイのゴールドエリートは、SPGアメックスカードを発行すれば取得できますね。

今回、私はマリオットボンヴォイのプラチナエリートからヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスにステータスマッチを行いましたので、私の実施した手順を例に解説致します。マリオットボンヴォイのゴールドエリートからヒルトンオナーズのゴールドエリートへのステータスマッチの手順も基本同じです。

①ヒルトンオナーズのメンバー登録(無料)

まず、ヒルトンオナーズのメンバー登録をしてアカウントを取得する必要があります。既にヒルトンオナーズのアカウントをお持ちの方は手続きの必要はありません。

登録手続きは以下のフォーマットの各項目を入力するだけですので非常に簡単です。

f:id:isao15453:20181210224048j:plain

ヒルトンオナーズへのメンバー登録サイト

②マリオットボンヴォイで1泊以上の宿泊実績をつくる

ヒルトンオナーズステータスマッチの申請をする際に、過去12ヶ月以内の宿泊履歴を提示する必要がありますので、宿泊実績を作りましょう。宿泊実績はポイントを利用した無料宿泊でも問題ありません。実際、私は無料宿泊した実績を画面キャプチャーして申請しました。

f:id:isao15453:20181210224832j:plain

マリオットボンヴォイの宿泊履歴

これはスマホアプリから画面キャプチャーした宿泊履歴です。

③ヒルトンオナーズのステータスマッチ専用画面から申請する

最後にヒルトンオナーズの専用画面からステータスマッチの申請をすれば手続きは終了です。

ステータスマッチの申請画面は以下となります。

f:id:isao15453:20181210225129j:plain

ステータスマッチの審査は海外の担当者によって実施されるので入力は全て英語でする必要があります。

f:id:isao15453:20181210231446j:plain

項目⑦⑧の画面キャプチャについても、英語表記である必要があります。おそらくマリオットボンヴォイのwebサイト(マイページ)は日本語表記になっている思いますので、言語を英語に変更してからキャプチャして下さい。

f:id:isao15453:20181210231645j:plain

これでステータスマッチの申請手続きは終了です。

④ステータスマッチの結果を待つ

あとは、ステータスマッチの結果を待つだけです。通常は5日以内にメールにて通知が送られてきます。私の場合は2日後にメールが送られてきました。

f:id:isao15453:20181211081528j:image

そして、スマホアプリのステータス画面もゴールドからダイヤモンドに変更されていました。

f:id:isao15453:20181211202839j:plain

これで90日間はダイヤモンドエリートでいることができます。

ヒルトンオナーズ、ステータスマッチのダイヤモンドステータスを継続チャレンジ

この記事の前半にも少し記載しましたが、現在、ヒルトンが実施しているステータスマッチで与えられたステータスは、ステータスマッチされた日から90日以内に、所定の滞在数をクリアすれば、翌年度末まで延長することが可能です。

私の場合は、マリオットボンヴォイのプラチナステータスからダイヤモンドエリートにステータスマッチしたので、90日以内に4滞在すればゴールドエリート8滞在すればダイヤモンドエリートが延長されます。

せっかく頂けたダイヤモンドエリートなので、長くダイヤモンドエリートの特典を受けたいと思っており、90日間で8滞在を目指そうと思っています。

この継続チャレンジは特に事前申請などは必要ないので、90日以内に4滞在または8滞在すれば、ゴールドまたはダイヤモンドのステータスが自動的に延長されます。
ですが、実際に何月何日が90日の期限なのかは、明確にしておいた方がよいので、ヒルトンオナーズのカスタマーセンターに確認しておくと良いと思います。
チェックアウトの日が90日を1日でも過ぎたら滞在数にカウントされませんからね。

カスタマーセンターの連絡先は下記となります。

ヒルトン・オナーズ・カスタマケア

電話:03-6864-1634

平日 8:00~22:00

土日祝 8:00~20:00

0120-404088(東京03地区以外の地域からは通話料無料)

ファックス:03-6890-5937

eメール:JapanHHonors@hilton.com

また、この継続チャレンジの良いところは、ゴールドまたはダイヤモンドのステータスの特典を受けながらチャレンジできることろです。常に朝食は無料で付いてきますし、ダイヤモンドエリートの場合はスイートへのアップグレードや、ラウンジへのアクセスも可能ですからね!

SPGアメックスカードからヒルトンオナーズにステータスマッチ

まず、SPGアメックスカードがあれば、簡単にヒルトンオナーズのゴールドエリートへのステータスマッチが可能ですね。

ヒルトンオナーズのゴールドエリートは、マリオットボンヴォイのゴールドエリートと比べて、朝食無料サービスがある分お得なので、ヒルトンオナーズのゴールドエリートへのステータスマッチは申請した方が良いと思います。ステータスマッチは、コストが掛かる訳ではないのでリスクはありませんからね。

マリオットボンヴォイでプラチナチャレンジをしてプラチナエリートになってから、ヒルトンオナーズのダイヤモンドエリートにステータスマッチすることもありだと思います。マリオットボンヴォイヒルトンオナーズでは、プラチナ/ダイヤモンドと特典差はあまりありませんが、スイートへのアップグレード、ラウンジアクセスできるホテルの選択肢が広がりますね。

アメックスプラチナカードはステータスマッチ不要

アメックスプラチナカードに関して言えば、ステータスマッチすら実施する必要がありません。

アメックスプラチナカードの特典に、『ホテルメンバーシップ』という特典があるのですが、この特典は、アメックスプラチナカードを保有するだけで、以下のホテルグループの上級会員資格が無条件で付与されます。

  • マリオットボンヴォイのゴールドエリート
  • ヒルトンオナーズのゴールドエリート
  • シャングリラ・ゴールデンサークルのジェイドステータス
  • クラブ・カールソンのゴールドエリート

ご覧頂いたように、マリオットボンヴォイヒルトンオーナーズもゴールドエリートの資格を、カード会員である限り無条件で付与されます。ですので、ゴールドエリートの資格に関してはマリオットボンヴォイヒルトンオーナーズステータスマッチをする必要がありません。

ステータスマッチをするのであれば、マリオットボンヴォイでプラチナチャレンジをして、マリオットボンヴォイのプラチナエリートからヒルトンオナーズのダイヤモンドエリートにステータスマッチするが良いですね。

アメックスプラチナカードの詳しい情報については以下の記事でご確認ください。

私のヒルトンオナーズ ステータスマッチの経緯

私は、SPGアメックスカードアメックスプラチナカードの2枚を保有しているので、マリオットボンヴォイのゴールドエリートの資格は無条件で持っています。

ですが現在私は、マリオットボンヴォイのステータスがプラチナエリートです。これは、2018年8月にSPG/マリオット/リッツカールトンのプログラムが統合された際に、本来、ゴールドエリートに移行されるはずのステータスが、何故かプラチナステータスに移行されたためです。俗に言う「なんちゃってプラチナエリート」です。この真相はよくわからないままですが、本来ゴールドエリートに移行される人であってもランダムで一部の人はプラチナエリートに移行されたとのことで、私はランダムで選ばれた人というこで、ラッキーな一人です。

マリオットボンヴォイのプラチナエリートのステータスは、2019年1月末までの期間限定なのでせっかくのプラチナエリートを堪能するため、9月以降はたくさんホテルに宿泊させて頂いおり、1月末までの予約も完了しております。

ホテル名
9月 大阪マリオット都ホテル
9月 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都
9月 大磯プリンスホテル
10月 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
10月 ザ・リッツカールトン東京
11月 ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクション
11月 セントレジス・サンフランシスコ
12月 シェラトン都ホテル東京
1月 ザ・リッツカールトン東京
1月 ウェスティンホテル東京

で、すっかりプラチナエリートのサービスに取り憑かれている私ですが、ネットで色々調べていると、『ステータスマッチ』というキーワードを見つけました。

先ほども記載しましたが、私はアメックスプラチナカードのメンバーです。アメックスプラチナカードのホテルメンバーシップの特典では、マリオットボンヴォイヒルトンオナーズ共にゴールドエリートのステータスを無条件で獲得することが可能です。ですので、この2つをステータスマッチしても両方のステータスがゴールドなので、意味がありません。

ですが、私は今現在マリオットボンヴォイのステータスがプラチナエリートですので、ヒルトンオナーズステータスマッチするとヒルトンオナーズのステータスもダイヤモンドエリートにワンランクアップさせることができるのではないかと考えました。

2018年8月以前、SPG/マリオットのプログラム統合前はSPG、マリオットそれぞれのプラチナステータスからヒルトンオナーズとのステータスマッチヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスになれるという情報はありましたが、現在のマリオットボンヴォイのプラチナステータスからヒルトンオーナーズのダイヤモンドステータスにステータスマッチできるという情報は私が探した限りでは確認できませんでした。ですので、ステータスマッチが成功するかどうかはわかりませんでしたが、チャレンジしてみました。失敗しても失うものはありませんからね。

で、結果は、先にも紹介したように見事ステータスマッチ成功でヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスに格上げしてもらえました。

f:id:isao15453:20181211081710j:plain

私のダイヤモンドエリート継続チャレンジ

私の場合は東京在住ですので、ダイヤモンドエリート継続チャレンジの宿泊対象のホテルは、以下のホテルが対象となります。

対象ホテル 無料宿泊ポイント
ヒルトン成田 20,000p
ヒルトン東京 30,000~60,000P
ヒルトン東京お台場 30,000~60,000P
ヒルトン東京ベイ 50,000~80,000P
コンラッド東京 70,000~95,000P

このうち、最もコスパがよいのがヒルトン成田です。1泊10,000円前後で宿泊が可能です。またポイントを利用した場合は20,000ポイントで宿泊することが可能です。

場所が成田なので私の自宅から車で45分ほど掛かりますが、私は成田方面に趣味のゴルフで行くことが多いのでゴルフのプレー前日やゴルフプレー後1泊して帰宅する計画をしています。

ホテルでゆっくり過ごすということであれば、ヒルトンお台場が施設が充実しているので良さそうだと考えています。その他、都内近郊のホテルは一通り宿泊したいと思っています。

私の場合は2月21日が90日の期限ですが、8滞在の予定はだいたい決まってます。こちらの滞在記については随時ブログで報告します。

チャレンジ宿泊はヒルトンオナーズポイントで無料宿泊

この記事の前半にも記載しましたが、ヒルトンオナーズの継続チャレンジは、ポイントを利用(一部/全額)した宿泊も1滞在としてカウントしてくれる点です。

アメックスのリワードポイントは、1000ポイントを、1250ポイントでヒルトンオナーズポイントに移行することが可能なのですが、私がダイヤモンドステータス継続ちゃんレンジを開始した当時、タイミングよくアメックスでキャンペーンが開催されていました。キャンペーンの内容は、なんと、アメックスのリワードポイント1,000ポイントをヒルトンオナーズ1,900ポイントに交換できるというもの。リワードポイントを1.9倍で移行できるのは、あがたかったです。

f:id:isao15453:20181211215202j:plain

f:id:isao15453:20181211215229j:plain

残念ながらこのキャンペーンは終了してしまいましたが、私はこのキャンペーンにギリギリ乗ることができました^^
ですので、ほぼ、出費なしでダイヤモンドステータスの継続チャレンジができそうです^ ^

facebookの
フォローをお願いします

最新情報をお届けします

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事