ヒルトン東京ベイ

マリオットボンヴォイのプラチナエリートからヒルトンオナーズのダイヤモンドにステータスマッチに成功。ヒルトンダイヤモンドのステータスマッチ期間は90日間限定なので、90日間を延長(来年度末まで)するためヒルトン系ホテルで8泊の宿泊をしました。今回の記事は「ヒルトン東京ベイの宿泊記」となります。

目次

マリオットボンヴォイのプラチナエリートからヒルトンオナーズのダイヤモンドにステータスマッチ

私は2018年11月末頃にマリオットボンヴォイのプラチナエリートからステータスマッチを行い、ヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを獲得しました。

ステータスマッチで得られたダイヤモンドエリートステータスは90日間有効なのですが、この90日間に8泊をすれば、次年度末までダイヤモンドステータスの期間が延長されます。(4泊の場合はゴールドステータスとして期間延長)せっかく獲得出来たダイヤモンドステータスなので、8泊の宿泊をクリアするべく、12月~2月はヒルトン系ホテルで宿泊をしております。

ステータスマッチの方法などは、下記の記事に詳しく記載しています。

8泊の宿泊は以下で実施しました。

宿泊ホテル 宿泊月 利用Point 利用金額
1 ヒルトン東京成田 12月 20,000pt 0円
2 ヒルトン東京成田 12月 20,000pt 0円
3 ヒルトン東京お台場 12月 43,000pt 0円
4 ヒルトン東京 1月 60,000pt 18,306円
5 ヒルトン東京成田 1月 20,000pt 0円
6 ヒルトン東京お台場 2月 58,000pt 0円
7 ヒルトン東京お台場 2月 60,000pt 0円
8 ヒルトン東京ベイ 2月 0pt 28,375円

先日(2019年2月16日)90日間に8泊の条件をクリアしたので、2020年3月末までのダイヤモンドステータス維持が確定しました。

今回の記事は、「ヒルトン東京ベイ」の宿泊記となります。
レポーターは、CHIPOです。

CHIHO
今回は、わたしが宿泊しました。

ヒルトン東京ベイのアクセス

ヒルトン東京ベイは、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルですので、アクセスは、ディズニーランドを目指して行けば良い訳ですが、電車の利用はJR京葉線・武蔵野線のみなのであまりアクセスが良くありませんねぇ・・・

JR舞浜駅

  • 電車で

JR京葉線・武蔵野線「舞浜駅」下車[東京駅から快速で約15分]。

ディズニーリゾートライン「リゾートゲートウェイステーション(JR舞浜駅隣接)」より2駅目の「ベイサイドステーション」で下車[約4分]。

ベイサイドステーションからホテルまでは、無料送迎バスまたは徒歩[約1分]。

  • シャトルバスで

舞浜駅からシャトルバス(無料送迎バス)で約7分

朝・夕方・ディズニー閉園時間帯は10分間隔 その他の時間でも20分間隔で運行されています。

ヒルトン東京ベイ 送迎バス

首都高速湾岸線の「葛西ランプ」、または「浦安ランプ」でお降りください。舞浜ランプは東京方面進入のみ可能です。

ダイヤモンド会員は駐車料金が無料になります。また、宿泊中は出し入れも自由です。

ヒルトン東京ベイのエントランスとチェックイン

ヒルトン東京ベイには14時過ぎに到着、ダイヤモンド会員であればラウンジでもチェックインは出来ますが、今回はこちらでチックインを行いました。
アップグレートのリクエストも丁寧に対応して貰いました。

ヒルトン東京ベイ チェックインカウンター

予約時はパーク側の最安値ルームの予約でしたが、海側でセレブリオの8階ルームにアップグレードして頂けました。この日は週末だった事もあるのか大幅UPはありませんでしたが、追加料金でのアップグレードのお話も伺えてたので収穫ありです。
提案頂いたアップグレードは、セレブリオセレクト(最上階)へは10,000円 セレブリオスイートは15,000円とのことでした。ですが、今回は海側のセブリオにアップグレードして頂けたので、提案頂いたアップグレードはお断りしました。

ヒルトン東京ベイの宿泊料金とダイヤモンドメンバーの特典

今回の宿泊は、割引セール(35%OFF)を利用してサービス料/消費税込みで28,375円で最もリーズナブルなヒルトンルームを予約しました。ちなみに同じ日にヒルトンポイントで予約する場合は、80,000ポイント必要だったのでポイントでの予約は非効率(1ポイント=0,35円)と判断。
※ヒルトンポイントで宿泊する場合、平均すると1ポイント=0.5円くらいの価値があるので、0.35円で利用するのはもったいない><

そして、アップグレードされたセレブリオ(オーシャンビュー)の客室の料金は、コミコミで45,796円でしたので、ダイヤモンド会員の穏健で、17,421円得したことになります。

ヒルトン東京ベイにおけるダイヤモンド会員の特典は以下となります。

  • お部屋のアップグレート(到着時の空き状況時よってのご案内)
  • セレブリオ・ラウンジのご利用
  • 1000ボーナスポイント
  • 朝食無料サービス(メンバー様と同室の1名様分)
  • ベースポイントに応じて100%のオーナーズボーナスポイント獲得
  • ミネラルウォーター2本を滞在中に1回無料で提供
  • レイトチェックアウト(空き状況によってご案内)
  • エクスプレスチェックアウト
  • プレミアムWi-Fi接続無料

ヒルトン東京ベイの客室

今回のお部屋は811号室。海側40㎡のセレブリオルームです。(8階~11階がセレブリオルーム)

ヒルトン東京ベイのセレブリオルームは可愛らしく清潔感のあるデザインです。
初日は曇り空でしたが目の前は遮るものが一切ない海なのでとても明るかったです。

ヒルトン東京ベイ 客室

ヒルトン東京ベイ 客室

ヒルトン東京ベイ 客室

ヒルトン東京ベイ 客室

ヒルトン東京ベイ 客室

ヒルトン東京ベイ 客室

ヒルトン東京ベイ フロアレイアウト

フロアレイアウトです。
海側ではど真ん中のお部屋でした。
海側のお部屋は40㎡あり、とても広く感じます。
前回シェラトングランデ東京ベイへ宿泊した際も海側でしたので、今回はパーク側をと思っていたのですが、パーク側は35㎡でレイトチェックアウトが出来ないお部屋しか無いとの事でした。
お部屋で花火が見たかったのですが、ホテル玄関あたりでも見れるそうなので、悩んだ挙句海側を選択しましたが、正解でした ^^

セブリオ・ラウンジでゆっくりして、再びお部屋に戻るとウェルカムスイーツが届けられてました^^

ヒルトン東京ベイ ウェルカムスイーツ

部屋からはゲートブリッジが正面に見えて少しですが東京タワーも見えました、葛西臨海公園の観覧車も見えました。

ヒルトン東京ベイ 景色

夜景ですが、少し明るく加工し過ぎたかもですが、東京の夜景が綺麗に見えます。

ヒルトン東京ベイ 景色 夜

ヒルトン東京ベイのセレブリオ・ラウンジ

ヒルトン東京ベイのセレブリオ・ラウンジの営業時間とサービス内容は以下となります。

営業時間(6:30~20:30)

  • 6:00~10:00 コンチネンタルライトブレックファースト
  • 6:30~20:30 コーヒー・紅茶・ソフトドリンク その他スナック類をご用意
  • 17:30~19:30 カクテルタイム 軽食セレクション(アルコール有り)

2016年にオープンしたセレブリオ・ラウンジはとても広くリラックスできる空間になっています。

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイ ラウンジ テラス席

ヒルトン東京ベイ セレブリオ・ラウンジ 6:00~20:30

ドリンク・サンドイッチ・パウンドケーキ スナック類を頂く事が出来ます。

ヒルトン東京ベイ ラウンジ

ヒルトン東京ベイ ラウンジ

ヒルトン東京ベイ セレブリオ・ラウンジ~カクテルタイム 17:30-19:30~

種類は少なめですが、お腹を満たせる内容でした。アルコールの提供もあります。

ヒルトン東京ベイ ラウンジ

ヒルトン東京ベイ ラウンジ

ヒルトン東京ベイ ラウンジ

ヒルトン東京ベイ セレブリオ・ラウンジ~コンチネンタル ブレックファースト 6:30-10:00~

ラウンジの朝食で満足のできる内容ですが、やはり種類は少なめです、朝食会場がとても混み合っているので、ゆっくり食べたい方はラウンジがおススメです。

ヒルトン東京ベイ ラウンジ

ヒルトン東京ベイ ラウンジ

ヒルトン東京ベイのラウンジは20:30で終わります。終わる時間がとても早く少し物足りなく感じました。実際その時間まで居たのは私以外1組だけなので、需要が無いのかもしれませんが、私はいつもお風呂上りにラウンジで少しゆっくりしたいので残念でした。

ヒルトン東京ベイの朝食 ~ザ・スクエア 6:30 - 10:00~

ヒルトン東京ベイの朝食は1階にある「ザ・スクエア」で提供されます。※混雑日はラウンジ・オーでも提供
料金は、大人3,000円 お子様4-8才1,850円 お子様9-12才2,200円となっていますが、ヒルトンオーナーズのゴールド/ダイヤモンドステータスの人は無料(同伴者1名まで)で利用することができます。

この日は日曜日 混雑が予想される日は二か所で提供されるそうです。 オープン前に長蛇の列が出来ていました。

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイ 朝食

ヒルトン東京ベイ 朝食

私たちが利用した時間は比較的スムーズに案内して頂ける時間でしたが、ヒルトンオナーズ会員は優先入場が出来ます。ダイヤモンド会員は窓際の優先席に案内して貰えます。テーブルにはDIAMOND MEMBERの札があります。

ヒルトン東京ベイ 朝食

内容は、和洋中盛りだくさん。場所柄子供向けメニューが充実しています。
一般的なホテルの朝食ブッフェです。

ヒルトン東京ベイ 朝食

とても混んでいます。満席状態で通路にも人があふれて、ゆっくりするのはちょっと難しい感じです。

ヒルトン東京ベイ 朝食会場

ディズニーランドを利用する宿泊者が多いため、ディズニーランドの開園時間(8:00)に合わせて行動する人がほとんどです。ですのでので、朝一番の時間から朝食会場は混み合っていますので、予定のある人は早めに行動される方が良いですね。

ヒルトン東京ベイのフィットネスクラブ

ヒルトン東京ベイのフィットネスクラブは、地下1階にあり営業時間は下記となっています。

  • 月~金: 6:00~22:00 (最終チェックイン 21:00 施設利用21:30まで)
  • 土・日・祝: 6:00~21:00 (最終チェックイン 20:00 施設利用20:30まで)

※フィットネスジムは24時間使用可能です。

■リビスタ フィットネス
宿泊者:プール&ジムが無料(浴場は別途有料)とあるのですが、ロッカー内にお風呂があってプールもそこから向かうと思うのですが・・・ 浴場は誰もチェックできないのでは?と疑問に感じつつ、ダイヤモンド会員は浴場も無料で使えます。

ヒルトン東京ベイ フィットネス

ヒルトン東京ベイ フィットネス受付

ヒルトン東京ベイ 料金表

ヒルトン東京ベイ フィットネス

ヒルトン東京ベイ プール

ヒルトン東京ベイ プール

ヒルトン東京ベイ フィットネスロッカー

ヒルトン東京ベイ サウナ お風呂

ヒルトンバケーションクラブ

ヒルトン東京ベイには、ヒルトンバケーションクラブのショールームもあります。
たまたま、私が持っているアメックスプラチナカードから説明会参加のキャンペーン案内が来ていたので、ヒルトンバケーションクラブの説明会に参加してみました。キャンペーンというのは、ヒルトンバケーションクラブの説明を聞くと、もれなくヒルトンの商品券(20,000円分)がもらえるという内容のものです。
私は、既にディズニーバケーションクラブのメンバーなのですが、ヒルトンバケーションクラブとの違いに興味があったので、説明会に参加しました。ここでは詳しくは述べませんが、私の結論として、我が家はニーズで考えると、ディズニーバケーションクラブのメンバーで良かったということかな^^

でも、ディズニーバケーションクラブのメンバーではなく、その存在を知らないまま、この説明会に参加していたらヒルトンバケーションクラブメンバーになっていただろうなぁ・・・。内容としてはとても魅力的ですので、お時間のある方は説明会に参加してみては如何でしょうか?

今後、時間があれば、『ディズニーバケーションクラブとヒルトンバケーションクラブの違い』をブログ記事で解説したいと思います。

ヒルトン東京ベイ

ハワイ(オアフ島)にあるヒルトンバケーションクラブのリゾート施設の模型です。

ヒルトン東京ベイ

その他、ショップなど

ヒルトン東京ベイ

ホテル内には、ディズニーのオフィシャルグッズストアもあります。

ヒルトン東京ベイ

24時間営業のコンビニエンスストアがありますので、レストランやラウンジ等を利用しなくてもリーズナブルに滞在可能です。夜中に喉が渇いても大丈夫! 室内の冷蔵庫には何も入っていなかったのはコンビニがあるからな?・・・・

ヒルトン東京ベイ

20:30からディズニーランドの花火を玄関前から鑑賞しました。やっぱり少し遠いな・・・・ 沢山の鑑賞客が居ましたよ。

ヒルトン東京ベイ 夜

ヒルトン東京ベイ 玄関からの花火

ヒルトン東京ベイ シンデレラ城

エレベーターから見ると各階のカーペットのデザインが違います。部屋のコンセプトに合わせエレベーターホールも違っていました。

  • 3~5階 ハッピーマジックルーム・ファミリーハッピーマジックルーム
  • 6~7階 ヒルトンルーム
  • 8~11階 セレブリオルーム・セレブリオセレクト・セレブリオスイート

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイ

24時間インターネットを無料でご利用できるインターネットステーションもありました。

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイ宿泊記~まとめ~

今回は土日宿泊という事もあり、ホテル内はとても混み合っていました。
私が一番記憶に残ったのは、ラウンジスタッフの対応の素晴らしさでした、私を担当して下さった方しかわかりませんが、とても丁寧に質問にも的確にテーブル脇にしゃがんで対応して下さいました。
あと、ラウンジが混まない事。マリオット系のシェラトントーキョーベイのラウンジは、ディズニー客のアジア系観光客が多く、子供がワイワイ、入口には列が出来ていてとても混雑しており騒がしかったです。ラウンジからの景色はシェラトントーキョーベイの方がお勧めですが・・・
それに比べて、ヒルトン東京ベイのラウンジは、混雑することなく落ち着いた雰囲気なので、ゆっくり寛ぐことができます。ヒルトンダイヤモンド会員やセレブリオセレクト、スイートの宿泊者が少ないのかしら?
好みがあると思いますが、ヒルトンとシェラトンのどちらがオススメかというと、私は「ヒルトン」が好きです。ディズニーを訪れる際は是非お勧めのホテルします。

あっ、余談ですが、夜はホテル前の湾岸沿いを暴走バイクが走っていてうるさかったです><
シェラトンに宿泊した時は、そんなことなかったので運が悪かったのだと思いますが・・・

ヒルトン東京ベイ

ヒルトンオナーズのステータス別の特典

ここからは、ヒルトンオナーズのステータスに関して解説したいと思います。
ヒルトンオナーズの各ステータス毎の特典は以下となります。

ヒルトンオーナーズのステータス別特典一覧

ヒルトンオナーズの魅力は、ゴールドステータスから朝食無料特典がある点です。

マリオットボンヴォイの場合、ゴールドステータスでは朝食無料特典はありませんからね><

ヒルトンオーナーズのゴールドステータスを簡単に獲得する方法

通常、ヒルトンオナーズの上級会員資格を獲得するためのには、一暦年(1月~12月)に以下の条件をクリアする必要があります。

会員ランク 条件
ブルー 入会だけ
シルバー 4回の滞在または10泊
ゴールド 20滞在または40泊または75,000ベースポイント
ダイヤモンド 30滞在または60泊または120,000ベースポイント

上記の条件を満たすのは簡単ではありませんよね・・・
でもご安心下さい。ゴールドステータスを獲得するには、以下の方法でも獲得する事が可能です。

  1. ヒルトン・オナーズVISAカード(ゴールドカード)を発行する
  2. マリオットボンヴォイのゴールドエリート以上のステータスからのステータスマッチ
  3. アメックスプラチナカードを発行する

ほかにも方法があるかもしれませんが、私が紹介できるのは上記の3つとなりますのでもう少し詳しく説明します。

ヒルトン・オナーズVISAカードを発行してヒルトンオナーズのステータスを獲得する

三井住友VISAが発行するクレジットカードにヒルトン・オナーズVISAカードがあります。
ヒルトン・オナーズVISAカードの種類は、クラシックカードとゴールドカードの2種類があります。(プラチナカードもありますが、プラチナカードについては後半に記載しています)

クラシックカードを発行すれば会員である限りシルバーステータスを、ゴールドカードを発行すれば会員である限り無条件でゴールドステータスを維持することが可能です。

ヒルトンオーナーズVISAカード

カードごとの特典は以下となります。

クラシック ゴールド
年会費 3,195円(含む消費税等) 13,950円(含む消費税等)
新規ご入会特典 1,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント 2,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
国内・海外のVisa加盟店のご利用で 合計1,000円(含む消費税等)ごとに10ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが獲得
カード更新特典 ーーーー 更新カード発行後1,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
宿泊ボーナスポイント 対象ホテルご利用で1,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント 対象ホテルご利用で2,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
ヒルトン・オナーズ・会員ランク クラシックカード会員である限りシルバーステータスが維持 ゴールドカード会員である限りゴールドステータスが維持
エリート会員ボーナス ヒルトン・オナーズ・ベースポイントに対して20%のボーナスポイントが自動的に加算 ヒルトン・オナーズ・ベースポイントに対して80%のボーナスポイントが自動的に加算
ホテル特典
  • 5連泊以上の宿泊を全額ポイントを利用してご予約した場合、5泊ごとに5泊目が無料になります。
  • 最安値保証
  • 滞在中の客室内およびロビーでのスタンダードWi-Fi無料
  • デジタルチェックイン(客室の選択、ご滞在時のリクエストを、24時間前からヒルトン・オナーズAppより選ぶことができます。)
  • ポイントを利用しての無料宿泊
  • スタンダードのWi-Fiは無料ですが、プレミアムWi-Fiのご利用は有料の場合があります。
    リゾート料金のあるホテルでは無料となりません

正直、クラシックカードは年会費を支払うほどのメリットはあまりないと思います。発行するならゴールドをオススメします。

ヒルトン・オナーズVISAカードのお申込みはオフィシャルページから↓↓↓

マリオットボンヴォイのゴールド以上のステータスからステータスマッチする

マリオットボンヴォイからヒルトンオナーズにステータスマッチすることが可能です。私がヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを獲得したのもこの方法となります。(マリオットボンヴォイのプラチナステータスからヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスにステータスマッチ)

マリオットボンヴォイからヒルトンオナーズへのステータスマッチの方法は以下の記事をご覧ください。

では、マリオットボンヴォイのゴールドステータスを簡単に獲得する方法はと言うと以下の方法があります。

  1. SPGアメックスカードを発行する
  2. アメックスプラチナカードを発行する

SPGアメックスカードを発行してヒルトンオナーズのゴールドステータスを獲得する

SPGアメックスカードを発行すれば、マリオットボンヴォイのゴールドステータスを無条件に獲得することが可能です。ですので、SPGアメックスカードを発行してマリオットボンヴォイのゴールドステータスを無条件に獲得し、ヒルトンオナーズにステータスマッチすれば、マリオットボンヴォイ/ヒルトンオナーズ両方のゴールドステータスを獲得できるので一石二鳥ですね。

ステータスマッチ後は、90日以内に4泊すればさらにゴールドステータスの期間が延長されます。
延長期間は、最大約2年間です。

アメックスプラチナカードを発行してヒルトンオナーズのゴールドステータスを無条件に獲得する

アメックスプラチナカードの会員になると、ヒルトンオナーズのゴールドステータスを無条件に獲得することが可能です。アメックスプラチナカードは、年会費が130,000円(+消費税)と年会費がかなりお高いカードですが、アメックスプラチナカードは魅力的でな豊富な特典がたくさんあります。
例えば、ホテルのステータスでは、ヒルトンオナーズの他に、マリオットボンヴォイのゴールドエリート、シャングリラ・ゴールデンサークルのジェイドステータス、クラブ・カールソンのゴールドステータスが無条件で獲得できます。

ヒルトン・プレミアムクラブに入会してお得にヒルトン系ホテルに宿泊する

ヒルトン・プレミアムクラブをご存知でしょうか?
ヒルトン系ホテルで宿泊機会が多い方は、ヒルトン・プレミアムクラブに入会すればかなりお得ですので、是非、ご検討ください。年会費は25,000円と一見高額に見えますが、特典を理解すればお得であることがわかって頂けると思います。

ヒルトン・プレミアムクラブの特典/詳細

ヒルトン・プレミアムクラブの特典/詳細は以下となります。
年会費 25,000円
宿泊割引 宿泊が25%OFF
レストラン割引 宿泊時のレストラン利用料金25%OFF
割引券 10,000円相当の割引券がもらえる
シルバー会員 初年度はシルバーステータスを無条件に獲得
2年目以降割引※ 有効期限前に翌年度更新手続きで、年会費が10,000円
ざっと、以上のような特典がありますが、特に2年目以降割引は魅力的です。というのは2年目以降も割引券(10,000円分)がもらえますので、実質年会費は無料となります。ヒルトンのステータス獲得や継続チェレンジをされる人は、必須ですね!!

ヒルトン・プレミアムクラブにお得に入会する方法

ヒルトン・プレミアムクラブに入会する場合は、オフィシャルページから手続きすると損します。現在(2019年4月現在)、ヒルトン・プレミアムクラブの入会は、ポイントサイトで取り扱いがあります。

私がオススメのポイントサイトから入会すれば以下のポイントバックが可能です。

ポイントサイト 獲得ポイント
モッピー 4,000pt
ポイントタウン 3,250pt
げん玉 3,250pt
ちょびリッチ 3,250円

2019年2月現在では、モッピーが最もお得ですね。ポイントサイトで獲得したポイントは現金や電子マネーにも交換できるので、獲得できたポイント分が割り引かれたことと同じですね。

モッピーの新規入会は下記のバーナーから

モッピー!お金がたまるポイントサイト

新規入会手続き後、モッピーの検索バーナーに『ヒルトン』と入力して検索すればヒルトンプレミアムクラブの案件が表示されます。

ヒルトンオーナーズのダイヤモンドステータスを目指す

ヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを目指す方法として、私が提案できる方法は以下の2つです。

  1. マリオットボンヴォイのプラチナエリートからのステータスマッチ
  2. ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行する

マリオットボンヴォイのプラチナエリートからのステータスマッチでヒルトンオナーズのダイヤモンドを獲得する

この方法は、私がヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを獲得した方法となります。マリオットボンヴォイでは、プラチナチャレンジというキャンペーンを実施しています。詳しくは下記の記事に記載していますが、簡単に言うと、プラチナチャレンジすることを宣言し3ヶ月以内に16泊すればプラチナステータスを獲得できるというものです。16泊は「滞在」ではないので、16連泊しても条件クリアとなります。

マリオットボンヴォイのプラチナステータスを獲得できれば、あとはヒルトンオナーズにステータスマッチするだけ。これで90日間のダイヤモンドステータスが獲得できます。そしてこの90日間で8滞在すれば、ダイヤモンドステータスの期間が1年間延長されます。

ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行する

さきほど、ヒルトンオナーズVISAカードの「クラシック」と「ゴールド」の紹介をしましたが、実はもうワンランク上の「プラチナ」が存在します。
こちらのカードは、「クラシック」や「ゴールド」と違い無条件にダイヤモンドステータスを獲得できるものではありませんが、ダイヤモンドステータス獲得のハードルをかなり引き下げることが可能です。
本来、ダイヤモンドステータスを獲得するには、1暦年の間に『30滞在または60泊または120,000ベースポイント』を獲得する必要がありますが、ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行すると、以下のいづれかの条件を満たせばダイヤモンドステータスを獲得/維持することが可能です。

滞在・宿泊条件 1暦年間(1月1日~12月31日)に10回の滞在または20泊すること
プラチナカードご利用条件 1月~12月のご請求金額のうち、お買物ご利用分の合計が120万円(含む消費税等)以上になること

上記2つの条件の内、いずれかをクリアすればダイヤモンドステータスを獲得/維持することが可能ですので、通常の条件に比べるとかなりハードルが下がると思います。ただし、年会費が66,500円(消費税込)掛かりますのでご留意ください。
ヒルトンオナーズVISAプラチナカードの詳細についてはオフィシャルページでご確認ください。

以上です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

facebookの
フォローをお願いします

最新情報をお届けします

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事