こんにちはISAです。
今回は、「ヒルトン成田」の宿泊記をお届けします。

目次

マリオットボンヴォイのプラチナエリートからヒルトンオナーズのダイヤモンドにステータスマッチ

私は2018年11月末頃にマリオットボンヴォイのプラチナエリートからステータスマッチを行い、ヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを獲得しました。

ステータスマッチで得られたダイヤモンドエリートステータスは90日間有効なのですが、この90日間に8泊をすれば、次年度末までダイヤモンドステータスの期間が延長されます。(4泊の場合はゴールドステータスとして期間延長)せっかく獲得出来たダイヤモンドステータスなので、8泊の宿泊をクリアするべく、12月~2月はヒルトン系ホテルで宿泊をしております。

ステータスマッチの方法などは、下記の記事に詳しく記載しています。

8泊の宿泊は以下で実施し、先日(2019年2月16日)90日間に8泊の条件をクリアしたので、2020年3月末までのダイヤモンドステータス維持が確定しました。

宿泊ホテル 宿泊月 利用Point 利用金額
1 ヒルトン成田 12月 20,000pt 0円
2 ヒルトン成田 12月 20,000pt 0円
3 ヒルトン東京お台場 12月 43,000pt 0円
4 ヒルトン東京 1月 60,000pt 18,306円
5 ヒルトン成田 1月 20,000pt 0円
6 ヒルトン東京お台場 2月 58,000pt 0円
7 ヒルトン東京お台場 2月 60,000pt 0円
8 ヒルトン東京ベイ 2月 0pt 28,375円

私は都内在住ですので上記のように都内近郊のヒルトンホテルで8泊をクリアしました。ヒルトン成田へは自宅からだと車で高速を使って約1時間弱掛りますので、少し遠いのですが、ヒルトン成田は宿泊費および宿泊ポイントが安いので滞在数を稼ぐにはもって来いのホテルなんです。

あと、私の場合、趣味のゴルフで成田方面によく行くので、ラウンド後にヒルトン成田に1泊して、無料の朝食を食べて帰宅するというパターンで利用させてもらいました。

ヒルトン成田の住所/アクセス

〒286-0127 千葉県成田市小菅456
TEL:0476-33-1121 FAX: 0476-33-0369

ヒルトン成田へのアクセスは、車を利用するか、無料シャトルバス、有料シャトルバスを利用してください。

車のの場合は、高速道路(東関東自動車道)成田ICから約2分となります。駐車料金は、宿泊の場合24時間毎に400円です。駐車場からの出し入れは24時間以内であれば自由ですので400円以上の料金は掛かりません。
無料シャトルバスの場合は、成田空港から約15分、JR・京成成田駅から約20分のロケーションとなります。

ヒルトン成田 無料シャトルバス

無料シャトルバスの時刻表

ヒルトン成田 無料シャトルバスの時刻表

ヒルトン成田~チェックイン~

ヒルトン成田 チェックインカウンター

ヒルトン成田の3回の利用の内、2回はゴルフ帰りに利用したので、チェックイン時間は15:00頃でした。
残る1回はゴルフに行く前日に1泊して利用しました。この場合、仕事が終わって帰宅後にヒルトン成田に向かったので、チェックインは21:00頃でした。
客室に空きがあればアーリーチェックインのリクエストにも対応してもらえますが、今回は、15:00と21:00のチェックインでしたので、通常のチェックイン時間で利用しました。

ヒルトン成田 1階ロビー

ヒルトン成田でダイヤモンドステータスのアップグレードは?

ステータスマッチで得たダイヤモンドステータスでヒルトン成田を利用しているので、アップグレードも気になるところですが、3回の宿泊とも大幅(スイート)なアップグレードはなく、ヒルトンルームからデラックスプラスルームへのアップグレードのみでした。
ヒルトン成田の客室グレードは以下のようになっています。

ヒルトンルーム ツイン 25㎡
デラックスルーム ツイン 35㎡
デラックスプラスルーム ツイン 35㎡
クイーン
ジュニアスイート ツイン 50㎡
キング
スイート ツイン 70㎡
キング
ロイヤルスイート キング 105㎡
デラックスルームとデラックスプラスルームは、料金的には差がないようです。違いは、デラックスプラスルームは、ビジネスデスクがあることと、パソコンやインターネットに便利な電源やコネクターが完備されている点となります。

大幅なアップグレードはありませんでしたが、3回の宿泊ともエアポートビュー客室を準備してもらえました(これ、結構重要かも)。ヒルトン成田は、エアポートビュー側とシティビュー側の客室がありますが、エアポートビューの方が絶対に良いと思います。※おそらくエアポートビュー側の方が料金も少し高いと思います。

成田空港が見えて、成田空港に離着陸する飛行機が目の前に見えるので、飛行機好きにはたまりません。ヒルトン成田は滑走路のすぐ近くなので客室からかなり迫力のある離着陸をみることが出来ます。

ヒルトン成田 客室からの成田空港ビュー

ヒルトン成田 客室からの成田空港ビュー

当日の風向きにより、着陸と離陸が変わります。
私は着陸の方が好きです^^

ヒルトン成田の宿泊ポイントと宿泊料金

ヒルトン成田にヒルトンオナーズポイントで宿泊する場合のポイント数は20,000ptとなります。キャッシュで支払う場合の宿泊料金は、最もリーズナブルな客室(ヒルトンルーム)の場合、10,000円前後の料金なので利用しやすい設定となっています。

このポイント数と料金設定なので、ステータス維持のために滞在数を稼ぐには、もって来いのホテルなのです。

先程も記載しましたが、ダイヤモンドステータスで宿泊した場合、最もリーズナブルな客室を予約しても、エアポートビュー客室にアップグレードしてもらえます。エアポートビューのデラックスルームの料金は、1泊20,000円前後なので、10,000円前後のアップグレードがあります。

ヒルトン成田の客室(デラックスプラスクイーン)

ヒルトン成田の客室(デラックスプラスクイーン)を簡単に紹介しておきます。
まずは、クイーンサイズのベットとテレビ台、そしてビジネスデスク(テレビの右側)です。デラックスプラスルームの場合、このビジネスデスクがあり電源コネクターやインターネットコネクターが装備されています。

ヒルトン成田の客室(デラックスプラスクイーン)

ヒルトン成田の客室(デラックスプラスクイーン)

次にバスルーム。いたって普通ですが汗;

ヒルトン成田の客室(デラックスプラスクイーン)

アメニティ/無料のミネラルウォーター/寝具(浴衣)/コーヒー・お茶

ヒルトン成田の客室(デラックスプラスクイーン)

オフィシャルページの写真(デラックスプラスクイーン)です。こんな感じで飛行機の離着陸が見えます。

ヒルトン成田の客室(デラックスプラスクイーン)

ヒルトン成田 ワンドリンクサービス(ゴールド/ダイヤモンド)

ヒルトン成田には、エグゼクティブラウンジがありませんので、その代替として、1階にある『TERRACE(テラス)』というバーでワンドリンクのサービスがあります。

ヒルトン成田 テラスバー

ワンドリンク対象のドリンクは、生ビール、ハウスグラスワイン、ソフトバンクとなります。チェックイン時に以下のチケットをもらえますので、こちらでワンドリンク無料となります。

ヒルトン成田 ワンドリンクサービス

また、ワンドリンク以外にも軽いつまみも提供してもらえます。下の写真が無料で提供されるおつまみセット^^

ヒルトン成田 ワンドリンクサービスのつまみ

有料になりますが、比較的リーズナブルな価格で食事もオーダーできます。私は3回中2回フィッシュ&チップスをオーダーしました。価格はサービス料・消費税込みで800円。ホテルでオーダーする料理としては、ボリュームもありとてもリーズナブルです。

ヒルトン成田 テラスバー フィッシュ&チップス

一例ですが、他にもこんな(下写真)メニューがあります。表示価格はサービス料・消費税込みの金額です。

ヒルトン成田 テラスバー メニュー

このバーで、ビールを飲みながらブログを書いてゆっくりさせてもらいました。

ヒルトン成田 テラスバー

時間帯によっては生演奏なんかもありました^^

ヒルトン成田 テラスバー

ヒルトン成田 朝食無料サービス(ゴールド・ダイヤモンド)

ヒルトン成田 テラスレストラン(朝食)

ヒルトンオナーズのゴールド/ダイヤモンドステータスの人は、朝食無料サービスがあります。1階ロビーフロアの『テラス レストラン』でモーニングブュッフェを頂くことができます。
モーニングブュッフェの提供は、6:30〜10:00(土日祝は6:30〜10:30)となります。

メニューはかなり豊富に取り揃えられています。

ヒルトン成田 テラスレストラン(朝食)

ヒルトン成田 テラスレストラン(朝食)

エッグステーションもあります。

ヒルトン成田 テラスレストラン(朝食)

料理全般のお味の方は普通ですかねぇ・・・・あまり期待しない方がいいです笑

ヒルトン成田 無料朝食の代替サービス

3回利用した内の1回は、ゴルフの前泊で利用したのですが、ゴルフのスタート時間が早かったため朝5時くらいホテルを出発しました。そのため、チェックイン時に無料の朝食は朝が早いため利用できないことを伝えると、「では、サンドイッチを準備するのでホテルを出発する際にフロントに来てください」と言われました。サンドイッチを準備してもらえるとは思ってなかったので、うれしい限りです。

ヒルトン成田 持ち帰り朝食(サンドイッチ)

こちらが準備してもらった、サンドイッチ・バナナ・ポテトチップス・ヨーグルト・ミネラルウォーターです。
ごちそうさまでした^^

ヒルトン成田のヘルスクラブ

ヒルトン成田のヘルスクラブは地下1階にあります。
施設内容は、屋内温水プール、ジム、ジェットバス、サウナ、お風呂、ロッカーとなります。

ヒルトン成田 ヘルスクラブ(ジム)

プールは25m×4レーンがあり、プール施設内にジェットバスがあります。

ヒルトン成田 ヘルスクラブ(屋内温水プール)

営業時間は以下となっています。

営業時間
  • 屋内温水プール: 6:00~22:00
  • ジム: 宿泊者(24時間)/会員(6:00~22:00)
  • ジェットバス: 6:00~22:00
  • サウナ・お風呂: 10:00~22:00
  • シャワー、ロッカー、化粧室: 6:00~22:00

ダイヤモンドメンバーは、ヘルスクラブの施設を全て無料で利用することが可能です。
通常の宿泊者は、ジム施設は無料で利用できますが、プール・ジェットバス・お風呂・サウナの利用は、1,620円の利用料が必要となります。
私は宿泊した3回とも、お風呂とサウナのみ利用させて頂きました。

ヒルトン成田 ヘルスクラブ(お風呂)オフィシャルページより

ヒルトン成田宿泊記 ~まとめ~

ヒルトン成田は、成田空港を利用する人にとっては非常に便利なホテルですが、それ以外の国内在住の人にとっては立地的にも良いとは言えないし、エグゼクティブラウンジもないので、他のヒルトン系ホテルに比べると見劣る部分があります。

しかし、その分、宿泊料金や宿泊ポイントはリーズナブルなため、コスパは非常に良いと言えます。
そのため、ヒルトンのステータスを維持するために、滞在数を増やす目的に利用するにはもって来いのホテルだと思います。

また、飛行機好きの人は、エアポートビューの部屋なら飛行機の離着陸を部屋から間近で見る事ができますし、先程、エグゼクティブラウンジがないと記載しましたが、その代わり、ゴールド/ダイヤモンドステータスの人は、1階のテラスバーでワンドリンクサービスがあります。

成田空港利用で前泊や後泊する人や、ヒルトンステータス継続のために滞在数を稼ぎたい人は、是非、一度利用してみて下さい。

以上です。

ヒルトンオナーズのステータス別の特典

ここからは、ヒルトンオナーズのステータスに関して解説したいと思います。
ヒルトンオナーズの各ステータス毎の特典は以下となります。

ヒルトンオーナーズのステータス別特典一覧

ヒルトンオナーズの魅力は、ゴールドステータスから朝食無料特典がある点です。

マリオットボンヴォイの場合、ゴールドステータスでは朝食無料特典はありませんからね><

ヒルトンオーナーズのゴールドステータスを簡単に獲得する方法

通常、ヒルトンオナーズの上級会員資格を獲得するためのには、一暦年(1月~12月)に以下の条件をクリアする必要があります。

会員ランク 条件
ブルー 入会だけ
シルバー 4回の滞在または10泊
ゴールド 20滞在または40泊または75,000ベースポイント
ダイヤモンド 30滞在または60泊または120,000ベースポイント

上記の条件を満たすのは簡単ではありませんよね・・・
でもご安心下さい。ゴールドステータスを獲得するには、以下の方法でも獲得する事が可能です。

  1. ヒルトン・オナーズVISAカード(ゴールドカード)を発行する
  2. マリオットボンヴォイのゴールドエリート以上のステータスからのステータスマッチ
  3. アメックスプラチナカードを発行する

ほかにも方法があるかもしれませんが、私が紹介できるのは上記の3つとなりますのでもう少し詳しく説明します。

ヒルトン・オナーズVISAカードを発行してヒルトンオナーズのステータスを獲得する

三井住友VISAが発行するクレジットカードにヒルトン・オナーズVISAカードがあります。
ヒルトン・オナーズVISAカードの種類は、クラシックカードとゴールドカードの2種類があります。(プラチナカードもありますが、プラチナカードについては後半に記載しています)

クラシックカードを発行すれば会員である限りシルバーステータスを、ゴールドカードを発行すれば会員である限り無条件でゴールドステータスを維持することが可能です。

ヒルトンオーナーズVISAカード

カードごとの特典は以下となります。

クラシック ゴールド
年会費 3,195円(含む消費税等) 13,950円(含む消費税等)
新規ご入会特典 1,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント 2,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
国内・海外のVisa加盟店のご利用で 合計1,000円(含む消費税等)ごとに10ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが獲得
カード更新特典 ーーーー 更新カード発行後1,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
宿泊ボーナスポイント 対象ホテルご利用で1,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント 対象ホテルご利用で2,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
ヒルトン・オナーズ・会員ランク クラシックカード会員である限りシルバーステータスが維持 ゴールドカード会員である限りゴールドステータスが維持
エリート会員ボーナス ヒルトン・オナーズ・ベースポイントに対して20%のボーナスポイントが自動的に加算 ヒルトン・オナーズ・ベースポイントに対して80%のボーナスポイントが自動的に加算
ホテル特典
  • 5連泊以上の宿泊を全額ポイントを利用してご予約した場合、5泊ごとに5泊目が無料になります。
  • 最安値保証
  • 滞在中の客室内およびロビーでのスタンダードWi-Fi無料
  • デジタルチェックイン(客室の選択、ご滞在時のリクエストを、24時間前からヒルトン・オナーズAppより選ぶことができます。)
  • ポイントを利用しての無料宿泊
  • スタンダードのWi-Fiは無料ですが、プレミアムWi-Fiのご利用は有料の場合があります。
    リゾート料金のあるホテルでは無料となりません

正直、クラシックカードは年会費を支払うほどのメリットはあまりないと思います。発行するならゴールドをオススメします。

ヒルトン・オナーズVISAカードのお申込みはオフィシャルページから↓↓↓

マリオットボンヴォイのゴールド以上のステータスからステータスマッチする

マリオットボンヴォイからヒルトンオナーズにステータスマッチすることが可能です。私がヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを獲得したのもこの方法となります。(マリオットボンヴォイのプラチナステータスからヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスにステータスマッチ)

マリオットボンヴォイからヒルトンオナーズへのステータスマッチの方法は以下の記事をご覧ください。

では、マリオットボンヴォイのゴールドステータスを簡単に獲得する方法はと言うと以下の方法があります。

  1. SPGアメックスカードを発行する
  2. アメックスプラチナカードを発行する

SPGアメックスカードを発行してヒルトンオナーズのゴールドステータスを獲得する

SPGアメックスカードを発行すれば、マリオットボンヴォイのゴールドステータスを無条件に獲得することが可能です。ですので、SPGアメックスカードを発行してマリオットボンヴォイのゴールドステータスを無条件に獲得し、ヒルトンオナーズにステータスマッチすれば、マリオットボンヴォイ/ヒルトンオナーズ両方のゴールドステータスを獲得できるので一石二鳥ですね。

ステータスマッチ後は、90日以内に4泊すればさらにゴールドステータスの期間が延長されます。
延長期間は、最大約2年間です。

アメックスプラチナカードを発行してヒルトンオナーズのゴールドステータスを無条件に獲得する

アメックスプラチナカードの会員になると、ヒルトンオナーズのゴールドステータスを無条件に獲得することが可能です。アメックスプラチナカードは、年会費が130,000円(+消費税)と年会費がかなりお高いカードですが、アメックスプラチナカードは魅力的でな豊富な特典がたくさんあります。
例えば、ホテルのステータスでは、ヒルトンオナーズの他に、マリオットボンヴォイのゴールドエリート、シャングリラ・ゴールデンサークルのジェイドステータス、クラブ・カールソンのゴールドステータスが無条件で獲得できます。

ヒルトン・プレミアムクラブに入会してお得にヒルトン系ホテルに宿泊する

ヒルトン・プレミアムクラブをご存知でしょうか?
ヒルトン系ホテルで宿泊機会が多い方は、ヒルトン・プレミアムクラブに入会すればかなりお得ですので、是非、ご検討ください。年会費は25,000円と一見高額に見えますが、特典を理解すればお得であることがわかって頂けると思います。

ヒルトン・プレミアムクラブの特典/詳細

ヒルトン・プレミアムクラブの特典/詳細は以下となります。
年会費 25,000円
宿泊割引 宿泊が25%OFF
レストラン割引 宿泊時のレストラン利用料金25%OFF
割引券 10,000円相当の割引券がもらえる
シルバー会員 初年度はシルバーステータスを無条件に獲得
2年目以降割引※ 有効期限前に翌年度更新手続きで、年会費が10,000円
ざっと、以上のような特典がありますが、特に2年目以降割引は魅力的です。というのは2年目以降も割引券(10,000円分)がもらえますので、実質年会費は無料となります。ヒルトンのステータス獲得や継続チェレンジをされる人は、必須ですね!!

ヒルトン・プレミアムクラブにお得に入会する方法

ヒルトン・プレミアムクラブに入会する場合は、オフィシャルページから手続きすると損します。現在(2019年4月現在)、ヒルトン・プレミアムクラブの入会は、ポイントサイトで取り扱いがあります。

私がオススメのポイントサイトから入会すれば以下のポイントバックが可能です。

ポイントサイト 獲得ポイント
モッピー 4,000pt
ポイントタウン 3,250pt
げん玉 3,250pt
ちょびリッチ 3,250円

2019年2月現在では、モッピーが最もお得ですね。ポイントサイトで獲得したポイントは現金や電子マネーにも交換できるので、獲得できたポイント分が割り引かれたことと同じですね。

モッピーの新規入会は下記のバーナーから

モッピー!お金がたまるポイントサイト

新規入会手続き後、モッピーの検索バーナーに『ヒルトン』と入力して検索すればヒルトンプレミアムクラブの案件が表示されます。

ヒルトンオーナーズのダイヤモンドステータスを目指す

ヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを目指す方法として、私が提案できる方法は以下の2つです。

  1. マリオットボンヴォイのプラチナエリートからのステータスマッチ
  2. ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行する

マリオットボンヴォイのプラチナエリートからのステータスマッチでヒルトンオナーズのダイヤモンドを獲得する

この方法は、私がヒルトンオナーズのダイヤモンドステータスを獲得した方法となります。マリオットボンヴォイでは、プラチナチャレンジというキャンペーンを実施しています。詳しくは下記の記事に記載していますが、簡単に言うと、プラチナチャレンジすることを宣言し3ヶ月以内に16泊すればプラチナステータスを獲得できるというものです。16泊は「滞在」ではないので、16連泊しても条件クリアとなります。

マリオットボンヴォイのプラチナステータスを獲得できれば、あとはヒルトンオナーズにステータスマッチするだけ。これで90日間のダイヤモンドステータスが獲得できます。そしてこの90日間で8滞在すれば、ダイヤモンドステータスの期間が1年間延長されます。

ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行する

さきほど、ヒルトンオナーズVISAカードの「クラシック」と「ゴールド」の紹介をしましたが、実はもうワンランク上の「プラチナ」が存在します。
こちらのカードは、「クラシック」や「ゴールド」と違い無条件にダイヤモンドステータスを獲得できるものではありませんが、ダイヤモンドステータス獲得のハードルをかなり引き下げることが可能です。
本来、ダイヤモンドステータスを獲得するには、1暦年の間に『30滞在または60泊または120,000ベースポイント』を獲得する必要がありますが、ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行すると、以下のいづれかの条件を満たせばダイヤモンドステータスを獲得/維持することが可能です。

滞在・宿泊条件 1暦年間(1月1日~12月31日)に10回の滞在または20泊すること
プラチナカードご利用条件 1月~12月のご請求金額のうち、お買物ご利用分の合計が120万円(含む消費税等)以上になること

上記2つの条件の内、いずれかをクリアすればダイヤモンドステータスを獲得/維持することが可能ですので、通常の条件に比べるとかなりハードルが下がると思います。ただし、年会費が66,500円(消費税込)掛かりますのでご留意ください。
ヒルトンオナーズVISAプラチナカードの詳細についてはオフィシャルページでご確認ください。

以上です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

facebookの
フォローをお願いします

最新情報をお届けします

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事