ヒルトンアメックス紹介キャンペーン

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カードおよびヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの新規入会は、当サイトからの申し込みがお得です。

そのからくりは営業担当経由の申し込みです。

私のアメックス営業担当経由でヒルトンアメックスカードを申し込むと、通常入会と比較して、ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カードは3,000ポイント、ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは10,000ポイント多くボーナスポイントを獲得可能です。

営業担当経由の申し込は、既存アメックス会員の中でも営業担当が付いていて、且つ、営業担当経由の紹介プログラムに事前登録している既存アメックス会員しか取り扱うことが出来ません。

紹介キャンペーンで獲得できるボーナスポイント比較

当サイト(営業担当)経由の新規入会で獲得できるボーナスポイントと通常入会の比較

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カード

年会費:16,500円(税込)

当サイトからの入会 通常入会
入会特典 3,000ポイント 2,000ポイント
入会1月以内に10回のカード利用で 3,000ポイント 3,000ポイント
入会3カ月以内に30万円以上の利用で 10,000ポイント 10,000ポイント
入会6カ月以内に75万円以上の利用で 12,000ポイント 10,000ポイント
75万円利用時の通常ポイント(100円=2pt) 15,000ポイント 15,000ポイント
合計 43,000ポイント 40,000ポイント
ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

年会費:66,000円(税込)

当サイトからの入会 通常入会
入会特典 5,000ポイント 5,000ポイント
入会1月以内に10回のカード利用で 15,000ポイント 10,000ポイント
入会3カ月以内に30万円以上の利用で 30,000ポイント 30,000ポイント
入会6カ月以内に150万円以上の利用で 35,000ポイント 30,000ポイント
150万円利用時の通常ポイント(100円=3pt) 45,000ポイント 45,000ポイント
合計 130,000ポイント 120,000ポイント

ヒルトンアメックスの紹介キャンペーンを申し込む

ヒルトンアメックスの紹介キャンペーンは以下の「ヒルトンアメックスカード紹介キャンペーンの申し込みフォーム」から手続きが可能です。

ヒルトンアメックスカード紹介キャンペーンの申し込みフォーム


    ※申し込み希望のカード種類を選択してください。

    【安心のアメックス系カードの紹介実績500件超】

    氏名とメールアドレスを入力していただければ、登録していただいたメールアドレスあてに営業担当より紹介キャンペーンのURLを送信いたします。

    ヒルトンアメックスカード|営業担当経由の申し込みフロー

    営業担当経由の申し込みフロー

    ヒルトンアメックスの入会/申し込みはヒルトン・オナーズの会員番号が必須

    ヒルトンアメックスの入会/申込み時に、ヒルトンオナーズの会員番号の入力が必要になるため、ヒルトンオナーズの会員番号をお持ちでない人はまずは会員番号を取得しておきましょう!

    【登録は無料】

    ヒルトンアメックスの審査基準と年収条件

    ヒルトンアメックスに入会/申し込みするために必要な年収は300万円程度です。そして、過去にクレジットの支払い遅延やその他のトラブルなど、ネガティブな情報がないことが条件となります。

    また、パート・アルバイトの方でも、年収条件や過去にネガティブ情報がなければ審査に通過する可能性は十分にありますので、パートやアルバイトの方も新規入会にチャレンジしてみましょう!

    仮にあなたの年収額が300万円を下回っている場合は、年収額に世帯年収を記載しても問題ありません。例えば、主婦の人でパート・アルバイトの場合、年収が300万以下があると思います。この場合、ご主人の年収額との合算金額を記載しても問題ありません。

    ※この情報はアメックス営業担当に確認済の情報です。

    年収の審査は自己申告のみ

    ヒルトンアメックスの入会/申し込み時に、年収を記載する欄がありますがアメックスでは、基本、年収は自己申告のみとなっているため、確認書類等の提出は必要ありません。よって、申し込み画面(用紙)に記載した金額(自己申告)が、あなたの年収となります。

    自己申告する年収額の記入方法

    年収を記載する際は、給与所得控除等を差し引く前の金額を記載してください。手取り額ではありませんのでご注意下さい。
    源泉徴収票でいう【支払金額】がそれに該当します。下記の例ですと①の【500万円】があなたの年収となります。

    f:id:isao15453:20180405213610j:plain

    源泉徴収票のサンプル|年収額は支払い金額を記載する

    虚偽の記載は禁止

    あまりにも実態と乖離した年収額を記載することは禁止です。虚偽の記載は違反行為ですのでご注意下さい。

     

    以上です。

    facebookの
    「いいね」「フォロー」をお願いします

    Twitterのフォローをお願いします。

    おすすめの記事