SPGアメックスの無料宿泊特典でウェスティンホテル東京に宿泊|マリオットのプラチナエリートでスイートルームにアップグレード

今回の宿泊記は、SPGアメックスカードの特典である『年に1度の無料宿泊特典』を利用して「ウェスティンホテル東京」に宿泊しました。ですので、現金の出費はもちろんですが、ポイントの支払いも一切なしで宿泊させて頂きました。

そして、一切出費なしの宿泊でなんとスイートルームにアップグレードされましたので、詳しく報告したいと思います。

目次

SPGアメックスカードの年に1度の無料宿泊特典

SPGアメックスカードの特典の1つに、『年に一度の無料宿泊』という特典があります。まずはこの特典について簡単に説明します。

SPGアメックスカードの無料宿泊特典はいつもらえるのか?

SPGアメックスカードの無料宿泊特典は、SPGアメックスカードの契約を更新した際にもらえる特典です。つまり、SPGアメックスカードに新規入会した初年度はこの特典は無く、2年目以降にSPGアメックスカードの契約更新した際に獲得できる特典となります。

SPGアメックスカードに入会した初年度は無料宿泊特典は付いていないのでお間違いのないように!!
ただし、初年度はアメックスの紹介プログラムを利用することで39,000ポイントを獲得することが可能です。

SPGアメックスカードの無料宿泊特典の内容

無料宿泊に利用できるのは、マリオットボンヴォイのポイント50,000ポイント相当分となっています。
マリオットボンヴォイには、ポイントを利用して無料宿泊するためのポイント数が定められています。そのポイント数が以下の表となります。

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

マリオットボンヴォイのカテゴリーは『1』〜『8』に分類されており、さらに、利用シーズン(スタンダート/オフピーク/ピーク)により、無料宿泊に必要なポイントが変わってきます。

SPGアメックスカードの無料宿泊特典で利用できるのはマリオットボンヴォイポイント50,000ポイント相当なので、スタンダードだとカテゴリー『6』以下、ローシズンだとカテゴリー『7』以下、ハイシーズンだとカテゴリー『5』以下が対象ホテルとなります。

今回私が宿泊したウェスティンホテル東京はカテゴリー『6』に分類されるので、SPGアメックスカードの無料宿泊特典の対象ホテルになります。(ピーク時除く)

SPGアメックスカードの無料宿泊特典の予約方法

無料宿泊特典の付与は、メールおよびマリオットボンヴォイWEBサイトのマイページで確認することができます。

予約する際は、マリオットボンヴォイのカスタマーセンターに電話をして予約する必要があります。カスターサービスのオペレーターにご自分のアカウント番号を伝えれば、オペレーターは特典有無が確認できますので、希望の日にち、ホテルを伝えれば空き状況を確認し予約の手配をしてくれます。

ウェスティンホテル東京の宿泊料金

ウェスティンホテル東京の最もスタンダードな客室の料金は、シーズンにもよりますが、今回私が宿泊した1月近辺の週末ですと34,981円でした。

ウェスティンホテル東京の宿泊料金

SPGアメックスカードの年会費は税込みで34,100円ですので、無料宿泊の特典だけで年会費分の元が取れてしまいますね。

SPGアメックスカードの特典は他にも多数あるので、これほどパフォーマンスの良いクレジットカードは他にありません!!

ウェスティンホテル東京へのアクセス

ウェスティンホテル東京へのアクセスは、以下となります。

  • JR山手線・埼京線「恵比寿駅」東口より「恵比寿スカイウォーク」で約7分
  • 地下鉄日比谷線「恵比寿駅」下車してJR方面出口より「恵比寿スカイウォーク」で約10分

恵比寿駅より徒歩で7分から10分なので、駅からのアクセスはあまり良いとは言えません・・・><
恵比寿駅から「恵比寿スカイウォーク(動く歩道)」を歩くと、恵比寿ガーデンプレイスにアクセスできます(下の写真の「現在地」)。

ウェスティンホテル東京へのアクセス

写真の「現在地」から恵比寿ガーデンプレイス方面を撮った写真が下記となります。ここから恵比寿ガーデンプレイスを突っ切った所にウェスティンホテル東京があります。写真の場所からは歩いて2~3分くらいです。

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京にチェックイン

ウェスティンホテル東京には13:00頃に到着しました。ウェスティンホテル東京のエントランスを入った正面に黒色と金色を基調にした豪勢な階段があり、またホテルロビーの床が黒でピカピカに輝いているため、ラグジュアリー感が凄いです。

ウェスティンホテル東京

この階段がすごく豪華で印象深いです。

ウェスティンホテル東京

 

階段の踊り場からロビーラウンジを撮った写真

ウェスティンホテル東京

1階チェックイン/チェックアウトカウンター。受付はエントランスから入って右奥にあります。

ウェスティンホテル東京 レセプション

SPG会員のカウンターです。こちらでチェックインしました。
この「SPG」のマットは、今は「Marriot Bonvoy」に変わっているのかな??

ウェスティンホテル東京 優先カウンター

私がチェックインした時間は、通常のチェックインより早い時間だったため、混み合うこともなくスムーズに手続きして頂けました。

そして、ここで、受付のスタッフから

ISA様、本日はスイートルームを準備させて頂いてます

と告げられました!!

やっあー』『あざっす!!

当初は2019年1月末でプラチナエリートが終了する予定だったので、「自分の誕生日を最後のプラチナエリートで満喫したい」と事前にホテルにはアプリのチャットを使って伝えていました。その会あって、デラックススイートにアップグレードしてもらえたと思っています。ありがとうございました。

ちなみにデラックススイートに1泊1室の料金は、10万円オーバーです^^

ウェスティンホテル東京|デラックススイートの料金

一番スタンダートな客室との料金差はなんと66,512円。プラチナエリートの威力はやっぱ凄いです!!

客室が準備できるのは、14:00頃になるとのことでしたので、客室の準備が出来るまでは、エグゼクティブラウンジで甘いものを頂きながら待たせて頂きました。スイートルームにアップグレードしてもらえるなら数時間待つくらいなんてことありません。

ウェスティンホテル東京の客室〜デラックススイートルーム〜

デラックススイートの広さは84㎡でリビングとベットルームが2部屋で別れています。トイレやクローゼット、そして客室への入口も2箇所備えつけられています。

ウェスティンホテル東京 スイートルームの間取り図

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京のデラックススイートルームギャラリー

ウェスティンホテル東京 スイートのリビングルーム

ウェスティンホテル東京 スイートのベッドルーム①

ウェスティンホテル東京 スイートのベッドルーム②

ウェスティンホテル東京 スイートルーム

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京

誕生日プレゼントでメッセージカードとオフィシャルハンドタオルを頂きました。

ウェスティンホテル東京 誕生日プレゼント

ウェスティンホテル東京スイートルームからの景色

方角は東方面だったと思います。ラウンジからは東京タワーが見えましたが部屋からは見えませんでした。残念><

夜景はこんな感じ^^

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブラウンジ

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブラウンジは17階にあります。エグゼクティブラウンジの営業時間は6:00~22:00で、常時ライトスナックとフリーソフトドリンクのサービスが提供されます。また、平日6:30~10:30(土日祝は7:00~11:00)は朝食サービス、17:30~19:30はイブニングカクテル/オードブルサービスが提供されます。

ウェスティンホテル東京 エグゼクティブクラブ

エグゼクティブラウンジの広さはそこそこありますが、座席数は少し少なめの印象です。ラウンジスタッフの「おもてなし度」はかなり良かったと思います。私はエグゼクティブラウンジのスタッフの「おもてなし度」でそのホテルの良し悪しをある程度評価できると考えていますが、ウェスティンホテル東京の評価は5段階評価で「4.5」と言ったところでしょうか。かなり高評価^^

ウェスティンホテル東京エグゼクティブラウンジのおもてなし度

ちなみに、私の中でエグゼクティブラウンジのおもてなし度が最も高いのは、「リッツ・カールトン東京」です。

ウェスティンホテル東京 ラウンジ内

エグゼクティブラウンジからは東京タワーが見えました^^

ウェスティンホテル東京

こちらは混雑時のみ開放されるエグゼクティブラウンジエリアからの写真です。こちらからは富士山が綺麗に見えました^^

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブラウンジ~ライトスナックとフリーソフトドリンクのサービス~

ライトスナックとフリーソフトドリンクのサービスは常時提供されています。

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブラウンジ~朝食サービス~

エグゼクティブラウンジの朝食サービスは、平日は6:30~10:30、土日祝は、7:00~11:00に提供されます。料理の品数は一般的だと思います。朝食ビュッフェの定番メニュー和食/洋食ともに一通り提供されています。

ウェスティンホテル東京 ラウンジの朝食

ウェスティンホテル東京 ラウンジの朝食

イブニングカクテル/オードブルサービス~17:30-19:30~

エグゼクティブラウンジは、アルコールとオードブルがサービスされる、この時間が最も込み合います。オードブルの品数は少なめですがお腹を満たすには十分です。変わったメニューとしては、「ほうとう」がありました。(下写真下段真ん中)

ウェスティンホテル東京

アルコールも一通りの種類が準備されています。他のホテルとの違いはビール。ホテルの場所が「恵比寿」だけに、「エビスビール」が提供されていました。また、国内産(知多)のウィスキーがあるのも珍しかったかも^^

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京のプラチナエリートの特典〜二箇所のバーでのドリンクサービス〜

プラチナエリートの特典として、ホテル内にあるコンパスローズ(22階)とザ・バー(1階)でワンドリンクサービスの提供があります(同伴者1名も無料)。サービス利用時間は17:30〜19:30までとなっており、エグゼクティブラウンジのイブニングカクテルの時間と同じ時間となっています。

サービス利用時間が、エグゼクティブラウンジのカクテルタイムの時間と被っているため、このサービスを利用するには時間配分を考えて行動する必要があります。
私は17:30〜19:30の間に全てのサービスを利用させて頂きました。

利用した順番は、まず17:30〜18:30で エグゼクティブラウンジを利用し、18:30~19:00でコンパスローズ、19:00以降にザ・バーを利用しました。
コンパスローズは夜景がとても綺麗に見えるので、外が暗くなってから利用される方が良いと思います。私が利用した冬季(1月)は18:30でも日が暮れてましたが、夏季だとまだ外は明るいと思うので、ザ・バーを利用してからコンパスローズを利用した方が良いかもしれません。
ちなみに、ゆっくり出来るのはザ・バーだと思います。19:30までに入店すればそのあとの時間は特に制限はないので、私は最後にザ・バーを利用して、お酒を飲みながらブログを書いたりしてゆっくり過ごさせて頂きました。

ちなみにオーダーできるドリンクは、決められていますが、40種類ほどありますので十分です。

ウェスティンホテル東京 無料ドリンクサービスメニュー

22階 コンパスローズ(18:30~19:00)

エグゼクティブラウンジのオードブルとお酒でお腹を満たしたあとは、22階のコンパスローズに行きました。バーのカウンター席正面はガラス張りになっており、都内の景色を楽しむことができます。また、東京タワーも見えますので雰囲気は最高でした。

ウェスティンホテル東京 コンパスローズ

1階 ザ・バー(19:00~)

ザ・バーは1階にあるので絶景は見られませんが、窓からの景色はライトアップされたプチ庭園が見えるのでこちらも雰囲気は良いです。またコンパスローズに比べると重圧感のある雰囲気となっています。ザ・バーでは、ドリンクの他、軽いつまみ(オリーブなど)も提供されました。(コンパスローズはドリンクのみ)
ちなみに、オーダーできるドリンクは、コンパスローズもザ・バーも同じです。

ウェスティンホテル東京 ザ・バー

私はマルガリータをオーダーし、1時間ほどゆっくりさせて頂きました。

ウェスティンホテル東京 ザ・バー

ウェスティンホテル東京のプラチナエリート特典〜無料朝食〜

プラチナエリートは、エグゼクティブラウンジでの朝食以外に、ホテル内のレストランでも無料で朝食を頂くことが可能です(同伴者1名も無料)
利用出来るレストランは、以下となります。

レストラン名 フロア 時間 通常料金
レストラン ザ・テラス 1階 6:30-10:30 3,200円
フレンチレストランビクターズ 22階 7:30-10:00 4,630円
日本料理 舞 2階 7:00-10:00 3,550円

※料金は、別途サービス料(13%)と消費税が加算されます。
※日本料理 舞は、土・日・祝のみの営業時間となります。

今回は、一番料金の高い「フレンチレストランビクターズ」を利用させて頂きました^^
通常はサービス料と消費税を合わせると一人5,000円オーバーなので贅沢ですね。二人分なので10,000円オーバー。プラチナエリートのベネフィット恐るべし^^;

ウェスティンホテル東京 フレンチレストランビクターズ

ビクターズの朝食はビュッフェ形式ではなく、下の写真のメニューより好きな料理をチョイスする形式となっています。

私は、「ミニッツステーキ」「ブレッドバスケット」「ブルーベリースムージー」をチョイス。嫁は、「ビクターズのオムレツ」「フレンチトートスト」「ブルーベリースムージー」をチョイスしました。

ウェスティンホテル東京 フレンチレストランビクターズ朝食メニュ

ウェスティンホテル東京 フレンチレストランビクターズ朝食 料理

朝からステーキを頂きました。 贅沢^^

ウェスティンホテル東京 フレンチレストランビクターズ 朝食 ステーキ

ご参考~レストラン ザ・テラス~

ウェスティンホテル東京 レストラン ザ・テラス

ご参考~日本料理 舞~

ウェスティンホテル東京 日本料理 舞

ウェスティンホテル東京のフィットネス施設

今回の宿泊では、スイートルームを満喫するためフィットネス施設は利用しませんでしたが、トレーニングエリアの写真だけ撮ってきました。トレーニングマシンは一通りの種類が揃っています。

ウェスティンホテル東京

ちなみに、ウェスティンホテル東京には、プールはありません。その代わり?、追加料金(2,500円)を支払うことで、高級フィットネスクラブ「グランサイズ 恵比寿ガーデン」を利用できる特典があります。
※「グランサイズ 恵比寿ガーデン」は通常、ビジター料金(会員同伴が必須)として6,480円(税込)が必要です。

ウェスティンホテル東京~番外編~

エレベーターホールも重圧感がありました。

ウェスティンホテル東京 エレベーターホール①

ウェスティンホテル東京 エレベーターホール②

プチ庭園

ウェスティンホテル東京 プチ庭園①

ウェスティンホテル東京 プレゼント②

馬車~こちら結婚式のカップルを送迎するための馬車のようです。たまたまチェックアウト時に見ることができました^^

ウェスティンホテル東京宿泊記〜まとめ〜

今回、はじめてウェスティンホテル東京に宿泊させて頂きましたが、私の個人評価はとしてはかなり高いです。スイートルームにアップグレードされた事を抜きにしても、他の同じランク(カテゴリー6)のホテルに比べるとクウォリティはかなり高いと思いました。

まず、ホテルのラグジュアリー感が圧倒的でした。エントランスに入ってすぐに、ブラックとゴールドを基調とした階段があり、この階段がかなりインパクトがあります。ホテルロビーの床がブラックでピカピカなのものも高級感を引き立てていました。

スタッフの対応もかなり好印象です。特にクラブラウンジのスタッフの対応は素晴らしかったです。本文にも記載しましたが、どこのホテルでもクラブラウンジのスタッフの対応は素晴らしいのですが、その中でも上位だと言うことです。

スタッフの評価については私が大好きなリッツ・カールトンが、もちろん、最もクウォリティは高いのですが、リッツ・カールトンの場合、カテゴリー最上級の8で、宿泊料金もそれなりのお値段なので、クウォリティが最も高いのは、当然と言えば当然です。

ウェスティンホテル東京は、リッツ・カールトン東京よりカテゴリーが2ランクも低いにも関わらず、このクウォリティは素晴らしいと思いますました。

今回、SPGアメックスカードの無料宿泊特典でウェスティンホテル東京を利用させて頂きましたが、無料宿泊特典(50,000pt以下)で利用するなら、ウェスティンホテル東京をオススメします。

それから、アニバーサリーで宿泊する際は、事前にホテルに伝えておくことをオススメします。伝えておくと必ずなんらかの特典がありますので、伝えておかないと損します。今回、私は自分の誕生日だったので、電話で『自分の誕生日です』と伝えるのは、恥ずかしいので、マリオットボンヴォイのアプリのチャットを使って、自分の誕生日であることを伝えました。アプリのチャット機能は、宿泊日の2日前から利用できますので、有効活用しましょう。アーリーチェックインのリクエストもチャットを利用すると便利です。

以上、ウェスティンホテル東京の宿泊記でした。

なんちゃってプラチナエリート宿泊記

期間限定(2019年1月末まで)の「なんちゃってプラチナエリート」を満喫するため、SPG/マリオット/リッツ・カールトンのプログラム統合後、マリオットボンヴォイ系ホテルでたくさん宿泊をさせて頂きましたが、今回(第9回)が最終回となります。

朗報
と、言いたいところでしたが、なんちゃってプラチナリートの期間が2020年1月末まで延長されました。2018年8月の時点では、なんちゃってプラチナエリートの期間は、2019年1月末までとアナウンスされていたので、この間に、プラチナエリートを満喫するため8回もホテルに宿泊してきましたが、結果的には慌てて宿泊することは無かったようです笑。2019年8月からのプラチナエリート宿泊記シリーズは、今回の宿泊記で一旦終了しますが、引き続き、ホテル宿泊記はレポートして行きたいと思います。

2018年8月~2019年1月末の宿泊記は以下となります。

第1回 大阪マリオット都ホテル(9月)
第2回 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都(9月)
第3回 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(10月)
第4回 リッツ・カールトン東京(10月)
第5回
第6回 セントレジス・サンフランシスコ(11月)
第7回
第8回 リッツ・カールトン東京(1月)

ISA
この内、「大阪マリオット都ホテル」、「シェラトングランデオーシャンリゾート」では、スイートルームへアップグレードされたよ。

マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジでプラチナエリートを目指そう!!

マリオットのプラチナエリートになるためには年間50泊の宿泊実績が必要ですが、プラチナチャレンジをすれば約3ヵ月で16泊と少ない宿泊実績でプラチナエリートになることが可能です。

ここからはプラチナチャレンジでプラチナエリートになる方法とSPGアメックスカードの必要性をお伝えしています。

マリオットボンヴォイのステータス獲得の条件

通常、マリオットボンヴォイの各ステータスを獲得するには、以下の条件をクリアする必要があります。

  • シルバーエリート 10泊/年
  • ゴールドエリート 25泊/年
  • プラチナエリート 50泊/年

年間にこれだけの宿泊をする必要があるのでゴールドエリート以上のステータスを獲得するのは簡単ではありません。
プラチナエリートに至っては、50泊/年なのでハードルはかなり高いです。

ゴールドエリートのステータスを簡単に獲得する方法としてSPGアメックスカードに入会する方法があります。SPGアメックスカードに入会すれば年間25泊をクリアすることなく無条件でゴールドエリートになることが可能です。

マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジ

一方、プラチナエリートに年間50泊をクリアすることなく獲得する方法もあります。
マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジはご存知でしょうか?
プラチナチャレンジの概要は、一定期間内(申込月+3ヶ月)に所定の宿泊数(16泊)を達成する事で、 プラチナエリートのステータスを獲得できるというものです。そしてプラチナチャレンジはマリオットボンヴォイのステータスに関係なく(一般会員でも)チェレンジすることが可能です。

簡単にいうと申し込み月を含む最大4ヶ月の間に16泊すればプラチナエリートのステータスを獲得することが可能です。しかし、ポイントでの宿泊は1泊にカウントされないので必ずキャッシュで支払いをする必要があるため、プラチナチャレンジにはどうしてもコストが掛かってしまいます。このコストの目安としては、効率よく宿泊すると13万円~15万円程度が目安ですが、余裕をもって20万円程度の出費を計算しておくのがベストです。

プラチナチャレンジについては、下記の記事をご覧ください。

プラチナエリートを目指す価値があるのかを検証

仮にプラチナチャレンジで20万円の出費があったとしましょう。
問題は『この20万円の出費をする価値や意味があるのか?』ということがですが、筆者は十分に価値があると思います。
下記は筆者がプラチナエリートになって1年間のベネフィットをまとめたものです。

プラチナエリート期間 1年
プラチナエリート宿泊回数 24回
スイートルーム回数 5回/24回
アップグレードベネフィット 582,750円
朝食無料サービスベネフィット 197,268円

 

  • アップグレードベネフィットとは、予約時の客室料金とアップグレード後の客室料金の差額料金
  • 朝食無料サービスベネフィットとは、朝食で通常料金を実際に支払った場合の料金

 

プラチナエリート1年で、アップグレードと朝食料金のベネフィット総額は780,018円となっています。
プラチナチャレンジで20万円出費する価値が十分にあると思いませんか?
もちろんホテルに宿泊する機会が少ない人や、ホテルの宿泊に興味がない人にとっては価値はありませんが、ホテルに宿泊する機会が多い人やホテルの宿泊に興味があり、スイートルームへのアップグレードやホテル内レストランでの無料朝食サービス、エグゼクティブラウンジへのアクセスなどの特典に興味のある人にとっては十分過ぎるほど価値があります。

プラチナチャレンジとSPGアメックスカードでマリオットボンヴォイポイントがガンガン貯まる

SPGアメックスカードを持っているとマリオットボンヴォイのポイントがガンガン貯まります。
SPGアメックスカードは、クレジットカード100円利用するごとにマリオットボンヴォイのポイントが3ポイント貯まります。クレジット利用時のポイント還元率は実に3%となります。クレジット利用時のポイント還元率が3%のクレジットカードは、なかなかありません。

例を記載すると、

  • クレジットカード100万円利用で30,000ポイント
  • クレジットカード200万円利用で60,000ポイント
  • クレジットカード300万円利用で90,000ポイント

ご覧のようにポイント還元率3%だとポイントは物凄い勢いで貯まっていきます。

さらに、SPGアメックスカードをマリオットボンヴォイの参加ホテルやレストランで利用すると、獲得できるポイントが100円につき6ポイントに跳ね上がります(ポイント還元率6%)。さらにさらに、SPGアメックスカードの会員はゴールドエリートなので、ゴールドエリートの特典としてマリオットボンヴォイの参加ホテルやレストランを利用すると支払い金額1米ドルにつき10ポイントに25%増しの12.5ポイントがもらえます。

例えば、マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジで20万円利用したとすると以下のポイントを獲得可能です。

  • SPGアメックスカードでクレジット決済することで、12,000ポイント(100円につき6ポイント)
  • ゴールドエリートの特典として、約22,000ポイント(1米ドルにつき12.5ポイント)

※1ドル=113円で計算

20万円の利用で34,000ポイント

おまけにSPGアメックスカードに新規入会すると3カ月以内に10万円以上利用すると39,000ポイントを獲得できますので(後程解説します)、合計すると83,000ポイントを獲得することが可能です。
もし、SPGアメックスカードに入会せずにプラチナチャレンジをした場合、この83,000ポイントは獲得することができません。

やはりプラチナチャレンジにはSPGアメックスカードは必需品です。

SPGアメックスのメリットと特典

SPGアメックスのメリットと特典を以下に記載しました。
これらのメリットと特典が、年会費(34,100円)を上回る内容かが入会/申し込みの判断材料となります。

  • 毎年マリオット ボンヴォイのホテルに除外日無で無料宿泊の特典(1室2名)
  • ゴールドエリートのステータス自動付与
  • ゴールドエリートステータスの特典で部屋のアップグレード
  • ゴールドエリートステータスの特典でレイトチェックアウト(14:00)
  • ゴールドエリートステータスの特典でSPG/マリオット系ホテルやレストランで1米ドル利用ごとにボーナスポイント12.5ポイントもらえる(ボーナスポイント25%UP)
  • 毎日の生活でカード利用100円ごとに3ポイント貯められる
  • マリオット参加ホテル/レストランで利用で100円ごとに6ポイント貯められる
  • ポイントをANA・JALを含む40の航空会社マイレージ移行可能
  • 航空会社マイレージの移行は、「手数料なし」「年間の交換上限なし」
  • ほとんどの航空会社マイレージへの移行は、1.25%の還元率(ANA/JAL含む)
  • ポイントを利用して無料宿泊又は割引宿泊
  • ポイントは『無期限』『有効期限なし』
  • アメリカン・エキスプレスが提供する豊富な特典を利用可
  • ヒルトンオーナーズへのステータスマッチが可能
     他にも魅力的な特典が多数ありますので詳しくは下記の記事をご覧ください。

    SPGアメックスカードの特典については下記の記事でご確認ください。

    SPGアメックスは紹介プログラムからの入会で39,000ポイント獲得可能

    SPGアメックスは紹介プログラムで入会すると、通常入会より6,000ポイント多い「39,000ポイント」を獲得可能です。

    SPGアメックス 紹介プログラム 通常入会
    3ヶ月以内に10万円利用のボーナスポイント 36,000ポイント 30,000ポイント
    10万円利用の通常ポイント 3,000ポイント 3,000ポイント
    合計 39,000ポイント 33,000ポイント

    お知り合いにアメックスメンバーの方がおられない場合は、わたくしからのお友達紹介をご利用頂き新規入会して頂けます。下記の「SPGアメックス紹介を申込む」をクリックして頂き、ご利用して頂けると幸いです。

     

     

    お名前とメールアドレスを登録して頂ければ、私から下記のようなメールが届きます。メール内の紹介用URLをクリックして頂くと、新規入会ページへ遷移致します。

     

    SPGアメックスカードの入会についてさらに詳しい情報は下記の記事にまとめておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

    facebookの
    フォローをお願いします

    Twitterのフォローお願いします。

    おすすめの記事