名古屋マリオットアソシアホテル
名古屋マリオットアソシアホテル

名古屋マリオットアソシアホテルにマリオットボンヴォイのプラチナエリートで、マリオットボンヴォイポイントを使って宿泊しました。

名古屋マリオットアソシアホテルは、マリオットボンヴォイのカテゴリーは「5」と中級ランクですが、プラチナエリート以上またはコンシェルジュフロアの宿泊者が利用できるコンシェルジュラウンジのレベルの高さ、朝食ブュッフェの質の高さ(プラチナエリート以上は無料)、高層階からの展望、名古屋駅直結という好立地とホテルのクオリティやレベルは非常に高いです。

筆者の評価としてはカテゴリー6のレベルは十分あると思いますし、カテゴリー7の料金でも利用価値はあると評価しています。

ご参考ですが、名古屋マリオットアソシアホテルは米国のトラベルサイト「トラベルウィークリー」では、「最高級ホテル相当」のレベル9と格付けされています。

目次

名古屋マリオットアソシアホテルへのアクセス

名古屋マリオットアソシアホテルのアクセスは、名古屋駅の真上にあり地上200m超という最高のロケーションとなっています。

住所と電話番号

住所:〒450-6002 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
電話:052-584-1111
(代表)

Google MAPへ

鉄道利用の場合の改札口/出口

利用交通機関 改札口/出口
新幹線 地下鉄東山線方面・桜通口
JR在来線 中央北口改札
名鉄 中央改札(出口専用)
近鉄 地下改札口
市営地下鉄(東山線・桜通線) 名古屋駅下車

名古屋マリオットアソシアホテルへのアクセス|JR名古屋駅構内MAP

中部国際空港(セントレア)からのアクセス

中部国際空港(セントレア)からは、名鉄空港特急「ミュースカイ」で28分で名鉄名古屋駅にアクセスできます。名鉄名古屋駅からは中央改札口(出口専用)出て徒歩3分です。

名古屋マリオットアソシアホテルの駐車場

名古屋マリオットアソシアホテルの駐車場は、宿泊者は1泊2,700円(税込)で利用可能です。

駐車場の入口は、南口、西方面口、北口の3カ所あり、入口は24時間オープンしています。
※南口の出口のみ0:00~6:00は閉鎖されています。

名古屋マリオットアソシアホテルにチェックイン

名古屋マリオットアソシアホテル|フロントレセプション

名古屋マリオットアソシアホテルのフロントレセプションは、JRセントラルタワーズの15Fにあります。ホテルには13:00頃に到着したので、アーリーチェックインさせて頂きました。
※アーリーチェックインは客室の空き状況により利用できない場合があります。

名古屋マリオットアソシアホテル|ロビー(15F)

名古屋マリオットアソシアホテル|ロビー(15F)

15Fのロビーは広くて開放的です。

ウェルカムギフト

チェックイン時に、プラチナエリートのウェルカムギフトとして以下のドリンクメニューから1点と、おつまみメニューから2点を選べました。

ドリンク

  • ソフトドリンク(各種)
  • 国産ビール
  • 日本酒
  • ワイン(白or赤)
  • コーヒー(ホットorアイス)
  • 紅茶 レモン又はミルク(ホットorアイス)
  • ココア(ホットorアイス)

おつまみ

  • ミックスナッツ
  • フルーツヨーグルト
  • フレッシュフルーツ
  • チーズの盛り合わせバケット添え
  • アイスクリーム

私は、ドリンクメニューからアイスコーヒー、おつまみメニューからフレッシュフルーツとアイスクリームを選びました。

名古屋マリオットアソシアホテル|ウェルカムギフト

名古屋マリオットアソシアホテル|ウェルカムギフト

ウェルカムギフトは指定した時間に客室まで運んでもらえます。

プラチナエリートのアップグレード

ポイントで予約していた客室はスタンダードダブルでしたが、プラチナエリートのアップグレードで、コンシェルジュフロアのデラックスツインルーム(44階)にアップグレードして頂きました。
名古屋マリオットアソシアホテルの宿泊は2度目ですが、前回は満室だったためレギュラーフロアのデラックスダブルでした。もちろん、プラチナエリートはレギュラーフロアでもコンシェルジュラウンジへのアクセスは可能ですが、客室が26階だったのでホテルの中では低層階に当たります。

しかし、レギュラーフロアが低層階と言っても一番低い客室でも20階なので名古屋市内を十分に一望できます。

レギュラーフロア
(20~34F)
スタンダードダブル 25㎡
スタンダードツイン 35㎡
デラックスダブル 38㎡
デラックスツイン 38㎡
和室 101㎡
和洋室 56㎡
アクセシブルルーム 38㎡
コネクティングルーム 76㎡
コンシェルジュフロア
(38~46F)
デラックスダブル 38㎡
デラックスツイン 38㎡
プレミアトリプル 54㎡
プレミアフォース 54㎡
ジュニアスイート 55㎡
コーナースイート 66㎡
デラックススイート 83㎡
エグゼクティブスイート 113㎡
プルデンシャルスイート 126㎡
インペリアルスイート 202㎡

名古屋マリオットアソシアホテルの客室タイプは上表となります。
コンシェルジュフロアは、コンシュルジュラウンジへのアクセス権と高層階が割り当てられています。また、エレベーターホールから客室エリアに入るにはカードキーが必要となりますので、コンシェルジュフロア以外の宿泊者は客室エリアに入ることができません。

名古屋マリオットアソシアホテルの客室|コンシェルジュフロア・デラックスツイン

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジ・デラックスツインルームは、38㎡と一般的な広さです。
名古屋マリオットアソシアホテルのベットはシモンズ社製。帝国ホテル東京やリッツ・カールトン京都といった超一流ホテルの採用しているシモンズ社製のベットはとても快適でした。

名古屋マリオットアソシアホテルの客室(デラックスツイン)

名古屋マリオットアソシアホテルの客室(デラックスツイン)

1人で宿泊しましたが、デラックスダブルの客室が満室だったためツインになりました。
ダブルベットに一人で寝るのが一番快適で贅沢なんですがね・・

ご参考|レギュラールームのデラックスダブル

ダブルベットはこんな感じです。ダブルのシモンズ社製のベットを一人で使うのは快適でした。

名古屋マリオットアソシアホテル|レギュラーフロアのデラックスダブル

※レギュラーフロアのデラックスダブルに宿泊した際に撮った客室です。

名古屋マリオットアソシアホテルの客室(デラックスツイン)

名古屋マリオットアソシアホテルの客室(デラックスツイン)

名古屋マリオットアソシアホテルの客室(デラックスツイン)

名古屋マリオットアソシアホテルの客室(デラックスツイン)

洗面台・シャワー・浴槽・トイレも、とても清潔感があって快適です。

コンシェルジュフロア・デラックスツインからの眺望

名古屋マリオットアソシアホテルは、東海エリア随一の高層ホテルということもその眺望は圧巻です。

名古屋マリオットアソシアホテルの客室(デラックスツイン)からの眺望

夜景も最高なので、客室でお酒を飲みながら夜景を見るのも至福の時間です。

名古屋マリオットアソシアホテルの客室(デラックスツイン)からの眺望

ご参考|レギュラールーム(26F)からの眺望
前回宿泊したレギュラールーム(26階)からの眺望です。
26階は名古屋マリオットアソシアホテルの中では低層階ですが、ご覧のように十分絶景を楽しめます。

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジ

名古屋マリオットアソシアホテルの一番のおすすめは、コンシェルジュラウンジです。
コンシェルジュラウンジはフロントレセプションと同じ15階にあります。

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジは2019年4月にリニューアルオープンしました。
コンシェルジュラウンジは、その空間、提供される料理、ドリンクの種類、展望など、どれをとってもレベルが高く、カテゴリー「5」のホテルとは思えないクオリティーです。

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジは天井が高く開放的なので、とても居心地が良い空間です。
ここでアルコールを飲みながらブログ記事を書いたり、読書をする時間がとても贅沢な時間です。

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

コンシェルジュラウンジの5つの異なる空間

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジには5つの異なる空間があり、空間ごとにテーマやコンセプトが設けられています。

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジ

コンシェルジュラウンジの評価

コンシェルジュラウンジのサービス

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュラウンジのサービス時間は、7:00~22:00までとなっており、時間帯に応じて和・洋・製菓のこだわりの料理が提供されます。
また、サービス時間内は終日アルコールを提供しています。

  • 07:00~10:00 朝食ビュッフェと限定和定食
  • 15:00~17:00 アフタヌーンティー
  • 17:30~20:00 カクテルタイム
  • 20:00~22:00 ナイトキャップ

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジのアルコールは常時飲み放題

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジのアルコールは常時飲み放題

提供されるアルコール種類もかなり豊富なのでお酒好きの人にはたまりませんね。

朝食ビュッフェと限定和定食(7:00~10:00)

朝食は「オールデイダイニング パコーラ」でビュッフェを食べたので、ラウンジの朝食は利用しませんでした。
あとで気づいたのですが、「限定和定食」という数量限定の和定食があるそうです。事前調査不足です・・・食べたかった・・・次回利用時はラウンジで限定和定食を食べたいと思います。

料理長おすすめは、愛知みかわ豚のハムやソーセージ。食数限定「和定食」が新登場する他、スーパーフードやグルテンフリーのパンなど、健康意識の高まりに合わせたラインナップも揃えます。パフォーマンスキッチンでは、卵料理を4種類(具材を選べるオムレツなど)から選べ、出来立てを食べることができます。コーヒーのテイクアウトやお好きな具材で作るオープンサンドウィッチなど、忙しいビジネスゲストにも対応します。

アフターヌーンティ(15:00~17:00)

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジのアフターヌーンティ

季節ごとに製菓料理長がこだわって作るスイーツが、宝石のように中央のジュエリーケースに並びます。紅茶は茶葉にこだわり、サンフランシスコ発の高級紅茶メーカー「Mighty Leaf(マイティリーフ)」を採用。ロシアなどでお湯を沸かすために伝統的に使用されてきた特殊な金属サーバー「サモワール」を使い、茶葉の魅力を最大限に味わっていただけます。

アフターヌーンティは利用する時間が30分弱だったのですが、提供されたデザートはすべて頂きました。見た目もお味もレベル高いです。私が去ったあとにも追加メニューがあったかもしれません・・・・

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジのアフターヌーンティ

アフターヌーンティの時間は、比較的空いているのでスイーツを食べながらゆっくり寛ぐことができます。

カクテルタイム(17:30~20:00)

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジのカクテルタイム

オードブルは、従来の大皿盛りから個々盛りに変更し、手に取りやすく、お客様に満足いただけるラインナップになります。ジュエリーケースには彩豊かな冷菜が並び、日本酒・ワイン・カクテル用のリキュールなど豊富なアルコールがカクテルタイムを盛り立てます。

提供される料理は豊富で、冷菜のオードブルをはじめ、ホットミールも充実しています。
料理のクオリティもかなり高いです。

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジのカクテルタイム

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジのカクテルタイム

料理もアルコールも充実しているので、2時間半のカクテルタイムはあっという間に終わってしまいます。
カクテルタイムは混雑が予想されるので、カクテルタイムが始まる30分ほど前にお好きな席を確保しておくことをオススメします。

ナイトキャップ(20:00~22:00)

名古屋マリオットアソシアホテル|コンシェルジュラウンジのナイトキャップ

お休み前のリラックスタイムにもう1杯という方にお楽しみいただける時間です。注目したいのは、こだわりの「ダイジェスティフ(食後酒)」。
少し甘く、アルコール度数が高いお酒は、夕食の余韻に浸ることができるお酒です。

 

カクテルタイムで飲み過ぎたので、お風呂上りにアイスコーヒーと甘い製菓でまったりしました。
ナイトキャップの時間は、空いており騒がしくないので落ち着いた大人の時間を過ごすことができます。

名古屋マリオットアソシアホテルの朝食

名古屋マリオットアソシアホテル|朝食ビュッフェ|オールデイダイニング パコーラ

朝食は、15Fにある「オールデイダイニング パコーラ」でビュッフェ形式で提供されます。
プラチナエリート以上は同伴者1名まで無料で利用可能です。
有料の場合の料金は、大人3,200円、小学生1,200円、幼児(4才~就学前)1,000円となります。

料理の種類が豊富で名古屋ならではの、ひつまぶし、味噌カツ、きしめんなども提供されていました。

朝食ビュッフェの料理の質もホテルを評価する判断材料になりますが、私個人の評価は5段階中4と評価します。

朝食ビュッフェの評価

名古屋マリオットアソシアホテルのフィットネス施設|タワーズフィットネスクラブ

名古屋マリオットアソシアホテルのタワーズフィットネスクラブは、18Fにあります。
全長20mのプール、24時間利用可能なジムエリア、ロッカールーム・大浴場・サウナを完備したリラクゼーションエリアがあります。

利用料金

マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上の人とコンシェルジュフロア宿泊者は無料で利用することが可能です。
一般の人(レギュラーフロア宿泊者)は、ジムエリアは24時間無料で利用できますが、プールとリラクゼーションエリアは有料(3,300円)となります。

利用時間

ジムエリアは24時間利用可能ですが、22:00~7:00はスタッフが不在となります。
ロッカールーム・大浴場・サウナは、7:00~22:00まで、プールは7:00~21:00まで利用可能です。

名古屋マリオットアソシアホテル|フィットネス施設|プール

名古屋マリオットアソシアホテル|フィットネス施設|大浴場・ジム

名古屋マリオットアソシアホテル|フィットネス施設|リラクゼーションエリア

名古屋マリオットアソシアホテル|フィットネス施設|リラクゼーションエリア

名古屋マリオットアソシアホテル|フィットネス施設|ロッカールーム

名古屋マリオットアソシアホテルの宿泊ポイントと料金

名古屋マリオットアソシアホテルのマリオットボンヴォイにおけるカテゴリーは「5」にランク付けされているので、宿泊ポイントは以下となります。

オフピーク スタンダード ピーク
カテゴリー5 30,000 35,000 40,000

今回はスタンダードのポイント数で宿泊したので35,000ポイントを使いました。
ポイントで予約できる客室は、基本的には最もリーズナブルな客室となるので、名古屋マリオットアソシアホテルではレギュラーフロアのスタンダードルームが該当します。

ちなみに、同じ日のレギュラーフロア・スタンダードルームの料金は47,196円(サービス料・税込み)でした。
※レギューラーフロアのスタンダードルーム料金は、平均すると30,000円~35,000円のことが多いです。

名古屋マリオットアソシアホテルの宿泊ポイントと料金

今回、プラチナエリートでコンシェルジュレベルのデラックスルームにアップグレードされましたので、宿泊日同日の料金を調べると75,924円でした。

名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュレベル・デラックスルーム料金

つまり、35,000ポイントで75,924円の客室に宿泊できたことになりますので、1ポイントの価値は2.1円とかなりの高パフォーマンスでした。
※私の過去のプラチナエリートでアップグレードされた客室の1ポイントの価値の平均は、約1.5円です。

マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジでプラチナエリートを目指そう!!

マリオットボンヴォイのステータス獲得の条件

通常、マリオットボンヴォイの各ステータスを獲得するには、以下の条件をクリアする必要があります。

  • シルバーエリート 10泊/年
  • ゴールドエリート 25泊/年
  • プラチナエリート 50泊/年

年間にこれだけの宿泊をする必要があるのでゴールドエリート以上のステータスを獲得するのは簡単ではありません。
プラチナエリートに至っては、50泊/年なのでハードルはかなり高いです。

ゴールドエリートのステータスを簡単に獲得する方法としてSPGアメックスカードに入会する方法があります。SPGアメックスカードに入会すれば年間25泊をクリアすることなく無条件でゴールドエリートになることが可能です。

マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジ

2020年1月3日更新
2020年1月3日現在、プラチナチェレンジの受付は一時休止されています。
今後のプラチナチェレンジの詳細については1月末頃に公表するとのことです。~マリオットボンヴォイカスタマーサービスに確認~

一方、プラチナエリートに年間50泊をクリアすることなく獲得する方法もあります。
マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジはご存知でしょうか?
プラチナチャレンジの概要は、一定期間内(申込月+3ヶ月)に所定の宿泊数(16泊)を達成する事で、 プラチナエリートのステータスを獲得できるというものです。そしてプラチナチャレンジはマリオットボンヴォイのステータスに関係なく(一般会員でも)チェレンジすることが可能です。

簡単にいうと申し込み月を含む最大4ヶ月の間に16泊すればプラチナエリートのステータスを獲得することが可能です。しかし、ポイントでの宿泊は1泊にカウントされないので必ずキャッシュで支払いをする必要があるため、プラチナチャレンジにはどうしてもコストが掛かってしまいます。このコストの目安としては、効率よく宿泊すると13万円~15万円程度が目安ですが、余裕をもって20万円程度の出費を計算しておくのがベストです。

プラチナチャレンジについては、下記の記事をご覧ください。

プラチナエリートを目指す価値があるのかを検証

仮にプラチナチャレンジで20万円の出費があったとしましょう。
問題は『この20万円の出費をする価値や意味があるのか?』ということがですが、筆者は十分に価値があると思います。
下記は筆者がプラチナエリートになって1年間のベネフィットをまとめたものです。

プラチナエリート期間 1年
プラチナエリート宿泊回数 24回
スイートルーム回数 5回/24回
アップグレードベネフィット 582,750円
朝食無料サービスベネフィット 197,268円
  • アップグレードベネフィットとは、予約時の客室料金とアップグレード後の客室料金の差額料金
  • 朝食無料サービスベネフィットとは、朝食で通常料金を実際に支払った場合の料金

プラチナエリート1年で、アップグレードと朝食料金のベネフィット総額は780,018円となっています。
プラチナチャレンジで20万円出費する価値が十分にあると思いませんか?
もちろんホテルに宿泊する機会が少ない人や、ホテルの宿泊に興味がない人にとっては価値はありませんが、ホテルに宿泊する機会が多い人やホテルの宿泊に興味があり、スイートルームへのアップグレードやホテル内レストランでの無料朝食サービス、エグゼクティブラウンジへのアクセスなどの特典に興味のある人にとっては十分過ぎるほど価値があります。

プラチナチャレンジとSPGアメックスカードでポイントをガンガン貯まる

SPGアメックスカードを持っているとマリオットボンヴォイのポイントがガンガン貯まります。
SPGアメックスカードは、クレジットカード100円利用するごとにマリオットボンヴォイのポイントが3ポイント貯まります。クレジット利用時のポイント還元率は実に3%となります。クレジット利用時のポイント還元率が3%のクレジットカードは、なかなかありません。

例を記載すると、

  • クレジットカード100万円利用で30,000ポイント
  • クレジットカード200万円利用で60,000ポイント
  • クレジットカード300万円利用で90,000ポイント

ご覧のようにポイント還元率3%だとポイントは物凄い勢いで貯まっていきます。

さらに、SPGアメックスカードをマリオットボンヴォイの参加ホテルやレストランで利用すると、獲得できるポイントが100円につき6ポイントに跳ね上がります(ポイント還元率6%)。さらにさらに、SPGアメックスカードの会員はゴールドエリートなので、ゴールドエリートの特典としてマリオットボンヴォイの参加ホテルやレストランを利用すると支払い金額1米ドルにつき10ポイントに25%増しの12.5ポイントがもらえます。

例えば、マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジで20万円利用したとすると以下のポイントを獲得可能です。

  • SPGアメックスカードでクレジット決済することで、12,000ポイント(100円につき6ポイント)
  • ゴールドエリートの特典として、約22,000ポイント(1米ドルにつき12.5ポイント)

※1ドル=113円で計算

20万円の利用で34,000ポイント

おまけにSPGアメックスカードに新規入会すると3カ月以内に10万円以上利用すると39,000ポイントを獲得できますので(後程解説します)、合計すると83,000ポイントを獲得することが可能です。
もし、SPGアメックスカードに入会せずにプラチナチャレンジをした場合、この83,000ポイントは一切獲得することができません。

やはりプラチナチャレンジにはSPGアメックスカードは必需品です。

貯まったポイントは無料宿泊に利用可能

貯まったポイントは、下記一覧のポイント数で「無料宿泊」に利用できます。

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

また、ポイントと現金を組み合わせて割安で宿泊することも可能です。

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 $55 + 3,500p $50 + 2,500p $60 + 4,500p
2 $65 + 6,000p $60 + 5,000p $70 + 6,500p
3 $80 + 8,500p $70 + 7,500p $90 + 9,000p
4 $105 + 12,000p $90 + 10,000p $120 + 13,500p
5 $140 + 17,000p $120 + 16,000p $165 + 19,000p
6 $190 + 25,000p $165 + 22,000p $225 + 27,500p
7 $250 + 30,000p $225 + 27,500p $325 + 35,000p
8 $440 + 42,500p $325 + 35,000p $635 + 50,000p

このようにポイントが貯まるとホテルの無料宿泊や割引宿泊が可能ですので、ポイントの貯まりやすいSPGアメックスカードを持つメリットは多いにあると思います。

日常生活で使うお金(携帯電話料金、スーパー・コンビニでの決済、飲み会の支払いなどなど)は出来る限りSPGアメックスカードに集約すれば、無意識の間にポイントが貯まって行きますし、プラチナチャレンジとセットで利用すればさらにポイントが貯まります。
また、SPGアメックスカードの入会で無条件で獲得できるゴールドエリートは、客室のアップグレードの特典が受けられます
他にも、SPGアメックスカードは、契約更新ごと(毎年)に50,000ポイント分の無料宿泊特典があるので、これだけで年会費分(31,000円+税)の元を取ることが可能な最強クレジットカードです。

SPGアメックスカードの特典については下記の記事でご確認ください。

SPGアメックスはお友達紹介プログラムで39,000ポイント

SPGアメックスカードに新規入会をご検討の方は、既存のアメックスメンバーからの紹介での新規入会が最もお得です。
既存のアメックスメンバーからの紹介の場合は、

≪3ヶ月以内に10万円以上利用で39,000ポイント≫

がもらえます。

対象カード 新規入会ポイント
スターウッド プリファード ゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード 合計39,000ボーナスポイント ・ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で36,000ボーナスポイント

・10万円ご利用で通常ポイント3,000ポイント

既存のアメックスメンバーからの紹介なしで、新規入会した場合の特典は《3ヶ月以内に10万円利用で30,000ポイント》となりますのでご注意ください。

お知り合いにアメックスメンバーの方がおられない場合は、わたくしからのお友達紹介をご利用頂き新規入会して頂けます。下記の「SPGアメックスの紹介を申込む」をクリックして頂き、ご利用して頂けると幸いです。

 

お名前とメールアドレスを登録して頂ければ、私から下記のようなメールが届きます。メール内の紹介用URLをクリックして頂くと、新規入会ページへ遷移致します。

 

SPGアメックスカードの入会についてさらに詳しい情報は下記の記事にまとめておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

facebookの
フォローをお願いします

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事