当ブログの人気記事

シンガポール観光には多くの観光スポットがありますが、その中でもマリーナベイサンズは有名ですね。

この記事では、マリーナベイサンズの最上階に実質無料で入場する方法を紹介します。マリーナベイサンズの展望台デッキ(スカイパーク)は56階にありますが、今回私が紹介する内容は、この展望デッキ(スカイパーク)よりさらに上の階、つまり、マリーナベイサンズの最上階57階に登る方法となります。

シンガポールの観光スポット~マリーナベイサンズ~

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)は、2010年にシンガポールのランドマークとして一躍有名となった総合リゾートホテルです。単独としては世界最大級のカジノや、世界最大の屋上プールがあることでも有名です。

マリーナベイサンズへのアクセス

アクセスは、観光客は電車(MRT)が最も便利だと思います。MRTは料金が安くシンガポールの観光スポットであれば基本どこにでも行けるので非常に便利です。MRTを利用する場合、1日乗車券やICカードを利用すると更に便利です。

マリーナベイサンズの最寄り駅は、ベイフロント駅となりマリーナベイサンズに直結しています。マリーナベイという駅もありますので、間違わないようにして下さいね。

シンガポールMRTの路線図(拡大版)はこちら

マリーナベイサンズの展望デッキ(スカイパーク)

マリーナベイサンズの展望デッキ(スカイパーク)には、有料で入場する事が出来ます。

圧巻のマリーナ湾をはじめ、世界クラスの都市景観、建築の芸術作品スーパーツリー グローブ、鮮やかな色彩に彩られたガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど、パノラマに広がる絶景をご満喫ください。マリーナ サウスピアから遥かシンガポール海峡まで、シンガポールの豊かな他民族文化の歴史を築き上げた、活気あふれる海上交通路を一望できます。
太陽の下できらめく青い海を眺めたり、夜にはSpectraの光と水のショーを堪能したり、展望デッキはシンガポール最も見晴らしの良いスポットから写真の腕を磨くのにうってつけの場所です。

マリーナベイサンズ展望デッキ(スカイパーク)の営業時間

  • 月~木曜日:午前9時30分~午後10時
  • 金~日:午前9時30分~午後11時

マリーナベイサンズ展望デッキ(スカイパーク)の料金

  • 大人23シンガポールドル
  • 子供17シンガポールドル(2歳~12歳)
  • シニア20シンガポールドル(65歳以上)
  • 2歳未満のお子様は入場無料です
  • ホテルにご宿泊のお客様は入場無料です

ご覧のように、展望デッキ(スカイパーク)に入場するには、大人は23シンガポールドルが必要です。シンガポールドルは平均すると1ドル=82円ほどですので、日本円にすると1,886円ですね。

これから私が紹介する方法は、以下のような条件でマリーナベイサンズの最上階57階に登る方法となります。
  • 料金は20シンガポールドル
  • 営業時間は12:00〜
  • ワンドリンク付き
  • 座席付き(混雑時は席に座れない場合も)

展望デッキ(スカイパーク)より安い料金でワンドリンク付き、座席付きで最上階に登ることが出来ます。20シンガポールドルは、展望デッキに登るための入場料ではなく、ドリンク代ですので、実質、展望デッキ(最上階)に登る料金は無料となります。

では、さらに詳しく説明して行きます。

マリーナベイサンズ最上階57階 ~CÉ LA VI(セラヴィ)~

マリーナベイサンズの最上階57階には、 CÉ LA VI(セラヴィ)というレストラン&SKY BAR/ラウンジがあります。この CÉ LA VI(セラヴィ)を利用すれば、マリーナベイサンズの最上階に実質無料で登る事が可能なのです。「実質無料」というのは、 CÉ LA VI(セラヴィ)での飲食代のみでマリーナベイサンズの最上階に登れるという意味となります。 CÉ LA VI(セラヴィ)で食事をするかドリンクをオーダーすれば、57階に登れるための「入場料」的な料金は発生しません。
ただし、 CÉ LA VI(セラヴィ)では、最低20シンガポールドルを利用する必要がありこの料金は前払いとなります。

つまり CÉ LA VI(セラヴィ)を利用した場合、最低利用料金の20シンガポールドルを前払いすることで、マリーナベイサンズの最上階57階に無料で登れて、ドリンクや食事をしながら、テーブルやソファーに座って、シンガポールの絶景を観ることができるのです。

一方、マリーナベイサンズの展望デッキ(スカイパーク)は、入場料23シンガポールドルを支払って、56階(最上階ではない)の展望デッキに登り、立ち見で絶景を見ることになります。

下の写真が、CÉ LA VI(セラヴィ)のラウンジからの絶景です。

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)で乾杯

ここで飲むビールはほんと最高でした!!

この2つだとどちらが良いですか? CÉ LA VIの方が良くないですか?

CÉ LA VI(セルヴィ)での飲食代

マリーナベイサンズの最上階のCÉ LA VI(セラヴィ)には、レストラン&SKY BAR、ラウンジがあります。今回は、展望デッキ(スカイパーク)よりお得にマリーナベイサンズの最上階に登ることを目的としているので、私がオススメするのはラウンジの利用です。というのは、ラウンジの利用であればドリンクのみのオーダーがしやすいので、20シンガポールドル以内(ほぼ20シンガポールドル)の料金で利用することができるからです。レストランを利用する場合は、20シンガポールドルでは収まりません。前払いした20シンガポールドルを超えた料金は、当然のことながら追加で支払うことになりますので、展望デッキ(スカイパーク)より高い料金を支払うことになりますからね。もちろん、追加料金を支払う分、絶景を見ながら食事を楽しめるというメリットはありますので、どちらを利用するかはご自身のご判断になります。

以下がCÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジのメニューとなります。

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジのメニュー

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジのメニュー

この中で注目すべきは、1枚目の画像右上のBEERのメニューです(下の画像)。ビール1杯が最低16シンガポールドルなので、いいお値段ですねぇ・・・。ですが、展望デッキ(スカイパーク)の入場料のみに23ドル支払うことを考えると、お得さを感じて頂けると思います。このBEER代でマリーナベイサンズの最上階に無料で登れるのですから!!
このBEERメニューから16シンガポールドルのBEERをチョイスすれば、20シンガポールドル以内に収まりますので、追加料金を支払う必要がありません。

なぜ16シンガポールドルのBEERを選ぶ必要があるかというと、上記の料金にサービス料10%と税金7%が加算されるからです。

16シンガポールドルのBEERを注文した場合、サービス料10%で1.6シンガポールドル、税金7%で1.23シンガポールドルが加算されますので、合計18.83シンガポールドルとなります。

18シンガポールドルのBEERを注文した場合、サービス料と税金を加算すると21.18ドルになるので、追加料金1.18シンガポールドルが発生します。ただ、これでも展望デッキ(スカイパーク)の入場料よりは安いですね。

20シンガポールドルのBEERを注文した場合は、合計が23.54シンガポールドルになるので、展望デッキ(スカイパーク)の入場料より若干高くなりますが、これでもドリンクと座席が付いているので十分お得だと思います。

ソフトドリンクは8~10シンガポールドルなので、ソフトドリンクを2杯飲むというのもありだと思います。
※前払いした20シンガポールドルは、おつりは出ませんので、ラウンジで20シンガポールドル以下しか利用しなかった場合でもおつりは出ないので注意してください。

ちなみに私は、過去に2回CÉ LA VI(セラヴィ)のラウンジを利用していますが、レストラン&SKY BARは利用したことがありませんので、レストランは詳しく紹介できませんので悪しからず・・・><
下の画像は、オフィシャルページ抜粋のレストラン/SKY BARの写真です。

マリーナベイサンズの最上階CÉ LA VI(セラヴィ)のレストラン/SKY BAR

マリーナベイサンズ最上階~CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジのフォトギャラリー

CÉ LA VI(セラヴィ)のラウンジからは、マリーナ湾側の景色を一望することができます。

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジからの絶景

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジからの絶景

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジからの絶景

この景色を見ながら、美味しいビールを飲むことができます。蒸し暑いシンガポールで冷たいビールを飲むのはほんと最高です!!

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジからの絶景とビール

CORONA16ドル/STELLA ARTOIS20ドル

こんな感じの席でビールを飲んで絶景を見て至福のひと時です。

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジ

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジ

なんと、CÉ LA VI(セラヴィ)のラウンジの隣にはあの有名な屋上プールがあります。プールは宿泊者しか利用できませんので、見るだけですが・・^^;
手前の赤いソファーはCÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジのソファーなのでこちらの席を利用することも可能です。

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジからの屋外プール

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジ

マリーナベイサンズ最上階57階 ~CÉ LA VI(セラヴィ)SKY BAR~を利用する方法

では、 CÉ LA VI(セルヴィ)を利用する方法を解説します。
CÉ LA VI(セルヴィ)を利用する場合、マリーナベイサンズのタワー3のエントランスに向かって下さい。 タワー3のエントランスからホテルに入ってすぐの右手に受付があります。

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)受付

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)受付マップ

こちらの受付でCÉ LA VI(セルヴィ)を利用したい事を伝え、20シンガポールドルを請求されますので20シンガポールドルをここで支払って下さい。最低利用しないといけない20シンガポールドルは前払いとなります。支払いをすると「ENTRY VOUCHER」という赤いチケットをもらえます。

このチケットが CÉ LA VI(セルヴィ)への入場券となるので、受付奥のエレベーターに向かい、エレベーター前のスタッフにチケットを見せると最上階の57階まで登る事が出来ます。
エレベーターを下りるとCÉ LA VI(セルヴィ)のスタッフがいるので、ラウンジを利用したいことを伝えて下さい。

こちらが、最上階57階CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジのエントランスです。ここで1階の受付でもらった、赤い『ENTRY VOUCHER』を見せれば、セラヴィラウンジに入場することが出来ます。

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジエントランス

CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジは、マリーナ湾側にあるので、ラウンジからはマリーナ湾側の景色しか見ることが出来ません。ではマリーナ湾の反対側のガーデンズ・バイ・ザ・ベイの景色が見れないのかと言うと、安心して下さい。見る事が出来ます。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ側の景色は、CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジに入場する前に見ることが可能です。

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)からの絶景

マリーナベイサンズの最上階 CÉ LA VI(セラヴィ)からの絶景

このエリアはラウンジの外なので、ビールを飲みながら見るという訳にはいきませんが、フリーの展望スペースがあるので、お時間の許す限りゆっくり見る事が可能です。CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジに入場する前でも、CÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジ利用後でも見る事が出来ます。

マリーナベイサンズ最上階CÉ LA VI(セラヴィ)のサービス内容と営業時間まとめ

CÉ LA VI(セラヴィ)のサービス内容をまとめると以下のようになります。

レストランランチ 毎日 12:00~15:00
レストランディナー 毎日 18:00~23:00
最終着席時間 22:15
ラストオーダー 22:30
デイラウンジ 平日
週末
12:00~22:00
11:00~22:00
クラブラウンジ 毎日 22:00~深夜まで
SkyBar 毎日 12:00~深夜まで

私は過去2回の利用ともにデイラウンジのオープン直後、つまり、12:00頃に利用しましたので、夜景の時間には利用した事がありません。おそらく、いや、絶対に CÉ LA VIのラウンジからの夜景も最高に綺麗だと思いますが、夜の時間は混雑が予想されるので座席の確保が難しいかもしれませんので、注意してください。

やはり、オススメの時間はデイラウンジのオープン直後の時間です。この時間であればそれほど混雑していないので、座席も問題なく確保できるので、ゆっくりお酒を飲みながら絶景を満喫できると思います。

以上で、『マリーナベイサンズの展望台(最上階57階)に実質無料で行く方法』の解説を終了します。是非、CÉ LA VI(セラヴィ)のラウンジを利用してシンガポールの絶景を楽しんでください。

シンガポール関連記事

2017年10月にCÉ LA VI(セラヴィ)のラウンジを利用した際は、SFC修行中でした。

そして、2019年1月にCÉ LA VI(セラヴィ)ラウンジを利用した際は、シンガポール航空のビジネスクラスを利用してシンガポールに行きました。

facebookの
フォローをお願いします

最新情報をお届けします

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事