三井住友ANAカードのワールドプレゼントのステージボーナス廃止とリニューアルを解説|ANAマイル還元率は改悪へ

三井住友ANAカードで貯まるワールドプレゼントポイントについて、リニューアル及びステージボーナス廃止が発表されているので内容について解説します。

ステージボーナス廃止については、大きな改悪です。
ステージボーナスの廃止は、2021年2月からですが、新規入会の人などは既に改悪の影響が始まっています。
ステージボーナスの廃止により、人気のゴールドカードはANAマイル還元率が最大0.21%減少となり、現在のANAマイル還元率1.56%から1.35%となってしまいます。

ワールドプレゼントポイントのリニューアルの開始時期は2020年6月1日(予定)からとなっており、主な内容は①ポイント種類の名称の変更と、②ポイント付与単位の変更、③ポイント価値の変更、④ANAマイル交換コース名の変更です。
このリニューアルについては、改悪はなく若干の改善です。

ステージボーナスの廃止による改悪|人気の三井住友ANAゴールドカードはマイル還元率が1.56%から1.35%に低下

2021年2月からステージボーナスが廃止されるためANAマイル還元率が低下し改悪となります。
三井住友ANAカードで貯まるワールドプレゼントポイントは以下のように構成されていますが、このうち「ステージボーナスによるボーナスポイント」が廃止されます。

三井住友ANAカードで貯まるワールドプレゼントポイント|ステージボーナスは廃止

 

ステージボーナス廃止に伴い、人気の三井住友ANAゴールドカードはクレジットカード利用によるANAマイル還元率が最大0.21%低下されて1.56%から1.35%となります。

ステージボーナスとは?|ステージボーナスの仕組みを再確認しましょう

ステージボーナスとは、前年度(2月~翌年1月)の決済累計額でV1~V3までのステージが割り当てられ、当年の決済額に応じて、ボーナスポイントがプレゼントされるサービスです。

※カード初年度はV1ステージが割り当てられます。

三井住友VISA|ステージボーナスの累計と設定

V1~V3のステージにより、下記のようにボーナスポイントが変動します。

三井住友VISA|ステージポイントテーブル

このステージボーナスが廃止される影響で、獲得できるワールドプレゼントポイントのボーナスポイントが減少するため、結果的にANAマイル還元率も低下します。

ステージボーナス廃止の流れ

ステージボーナスの廃止を図式すると以下のようになります。

三井住友VISA|ステージボーナス廃止の流れ

上の図をまとめると以下のようになります。

  • 現在(2020年2月~2021年1月)のステージ(V1~V3)は、2019年2月~2020年1月の累計金額で既に確定している。
  • V1~V3ステージに応じたボーナスポイント付与は、2021年1月でサービス終了になる
  • 2020年2月以降のボーナスポイント付与はないため、現在(2020年2月~2021年1月)はクレジット利用金額の累計は実施されていない

ステージボーナス廃止による影響を解説

ステージボーナス廃止による影響を、既存会員と新規会員に分けて解説します。

三井住友VISA|ステージボーナス廃止の影響|新規・既存会員別

ステージボーナス廃止による影響|既存会員

ここでいう既存会員とは、2020年1月までに三井住友ANAカードを保有していた人のことを言います。

既存会員は、2019年2月~2020年1月のクレジット利用金額の累計額に応じて、現在(2020年2月~2021年1月)のステージ(V1~V3)が確定しているため、現在は確定しているステージに応じたボーナスポイントが付与されています。

現在のステージに応じて2021年2月以降のANAマイル還元率は以下のように減少されます。

カード種類/ステージ 現在V1 現在V2 現在V3
一般カード ▲0.04% ▲0.05% ▲0.11%
ゴールドカード ▲0.07% ▲0.11% ▲0.21%

ゴールドカード会員で現在V3ステージの人は、ANAマイル還元率が0.21%低下します。
ゴールドカード会員でV3ステージの人の現在のANAマイル還元率は1.56%なので、ステージ廃止後の2021年2月以降は1.35%になります。

ステージボーナス廃止による影響|新規会員

ここでいう新規会員とは、2020年2月以降に三井住友ANAカードを発行した人のことを言います。

新規会員の人は、ステージボーナスの付与がありませんので、新規入会時点からマイル還元率は1.35%となります。
ご注意ください。

新規入会の人はステージボーナスポイントの付与がないことをカスターサービスに確認済です

ステージボーナス廃止後のANAマイル還元率

ステージボーナス廃止後のANAマイル還元率は1.35%となります。
マイペイすリボ併用の場合

ANAマイル移行
コース
ステージボーナス廃止前
2021年1月まで
ステージボーナス廃止後
2021年2月以降
一般カード
(手数料なし)
通常コース 0.89%~0.96% 0.85%
一般カード
(手数料あり)
2倍コース
※手数料66,00円/年
1.39%~1.46% 1.35%
ゴールドカード 2倍コース 1.42%~1.56% 1.35%

一般カードで通常コース(手数料なし)を利用する人は、ANAマイル還元率が0.85%とかなり低いので、該当の人はないと仮定します。
その前提で一般カードとゴールドカードを比較した場合、ANAマイル還元率の差はなく一律1.35%となります。

そのため、ANAマイル還元率だけを見るとゴールドカードのメリットはないように見えますが、ゴールドカードは新規・継続時のボーナスマイルが一般カードより1,000マイル多い2,000マイルだったり、海外旅行保険やそのた特典が充実しているため、ゴールドカードのメリットは十分にあります。

一般カード/ゴールドカード/プラチナプレミアカードの比較|ステージボーナス廃止後

以下は、一般カード/ゴールドカード/プラチナプレミアカードの比較表です。
※プラチナプレミアカードは、もともとステージボーナスのサービスの対象外だったため、現状と変更はありません。

一般カード ゴールドカード プラチナプレミアカード
年会費 2,200円
(初年度無料)
15,400円 88,000円
年会費
(割引適用後)
1,127円 10,450円 割引なし
2倍コース
登録料
6,600円 無料 設定なし
3倍コース
登録料
設定なし 設定なし 無料
マイル還元率 1.35% 1.35% 1.85%
フライト
ボーナス
+10% +25% +50%
入会(継続)
ボーナス
1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
海外旅行傷害保険 1,000万円 5,000万円 1億円
国内航空障害保険 1,000万円 5,000万円 5,000万円
国内旅行傷害保険 なし 5,000万円 1億円
国際線ビジネスカウンターチェックイン ×
空港ラウンジサービス ×
※同伴者1名無料
国内線ANAラウンジ × ×

一般カードは、割引後の年会費1,127円と2倍コース移行手数料6,600円を足すと7,727円。ゴールドカードは、割引後の年会費が10,450円です。
その差は、2,723円しかありません。

マイル還元率は1.35%と同じですが、フライトボーナス、入会・継続ボーナスマイル・各種補償・空港でのサービスなどの特典は、ゴールドカードの方がかなり充実しています。これらの特典の差と年会費2,723円の差を比較してどちらのカードが自分のニーズに合っているかを検討し、発行するカードを決めましょう!

三井住友ANAカードのANAマイル還元率は1.35%に低下しても優秀

三井住友ANAカードのマイル還元率は、ステージボーナス廃止により1.56%から1.35%に低下しますが、依然として他ブランドのANAカード(アメックス・JCB・ダイナース)と比べてANAマイル還元率はNO1です。

唯一、ANAアメックスゴールドカードは、ANA便搭乗券購入時に限りマイル還元率が3%となりますが、それ以外は三井住友ANAカードのマイル還元率が勝っています。

※他ブランドの通常ショッピング時のマイル還元率は基本1%です。

三井住友ANAカードのワールドプレゼントポイントがリニューアル|2020年6月1日~

三井住友ANAカードのワールドプレゼントポイントが2020年6月1日からリニューアルされます。
ポイント種類・ポイント価値・ポイント付与単位などは以下のように変更になります。

現行 リニューアル後
ポイント種類(名称) 獲得ポイント ANAマイル移行可能ポイント
ポイント価値 1ポイント=5円相当 1ポイント=1円相当
ポイント付与単位 1,000円=1ポイント 200円=1ポイント
ANAマイル移行単位 1ポイント以上1ポイント単位
ANAマイル移行方式 応募方式・自動移行方式

ワールドプレゼントのポイント種類の名称が変更|ANAマイル移行可能ポイント

ポイント種類の名称が変更になります。
リニューアル前は、クレジットカード利用で貯まるポイントはワールドプレゼントポイントの中でも「獲得ポイント」という名称でしたが、リニューアル後は「ANAマイル移行可能ポイント」に変更になります。

優遇レート(1ポイント=10マイル)でANAマイルに移行可能な「獲得ポイント」は、名称が抽象的で曖昧だったため「ANAマイル移行可能ポイント」というわかりやすい名称に変更になります。

ポイント付与単位とポイント価値が変更

2020年5月までは、月単位のクレジット利用合計金額1,000円につき1ポイント付与されていましたが、リニューアル後は200円につきに1ポイント付与されます。

この変更によりポイント価値も変更となり、リニューアル前は1ポイント=5円相当でしたが、リニューアル後は1ポイント=1円相当となります。

ポイント付与単位の変更は若干の改良

ポイント付与単位が、月単位のクレジット利用合計金額1,000円ごとに1ポイント付与から、200円ごとに1ポイント付与されることで若干の改良があります。

例えば、月額利用料金の合計が900円だった場合、リニューアル前は1,000円ごとに1ポイント付与されていたため900円だとポイント付与がありませんでした。

しかし、リニューアル後は200円ごとにポイント付与されるため、900円利用でも4ポイント付与されます。

このように、ポイント付与の単位が小さくなったことでポイント付与率が若干(最大4ポイント)ですが改善になっています。

ANAマイル交換コース名とマイル交換レートの変更

三井住友ANAカードの種類別の移行コースは以下のように変更になります。

ANAゴールドカードの移行コース

現行 リニューアル後
コース名 10マイルコース 2倍コース
交換レート 1ポイント=10マイル 1ポイント=2マイル
移行手数料 無料 無料

ANAプラチナ・プレミアムカードの移行コース

現行 リニューアル後
コース名 15マイルコース 3倍コース
交換レート 1ポイント=15マイル 1ポイント=3マイル
移行手数料 無料 無料

ANA一般カードの移行コース(手数料なし)

現行 リニューアル後
コース名 5マイルコース 通常コース
交換レート 1ポイント=5マイル 1ポイント=1マイル
移行手数料 無料 無料

ANA一般カードの移行コース(手数料あり

現行 リニューアル後
コース名 10マイルコース 2倍コース
交換レート 1ポイント=10マイル 1ポイント=2マイル
移行手数料(税込) 6,600円/年度ごと(4/1~翌年3/31) 6,600円/年度ごと(4/1~翌年3/31)

ANAゴールドカードのANAマイル交換例|リニューアル前後でマイル交換率は変更なし

ANAゴールドカードの「ANAマイル交換可能ポイント」1,000円あたりのANAマイル交換率の例を記載しました。

三井住友ANAゴールドカードで「ANAマイル交換可能ポイント」をANAマイルに交換した場合の例

結果的に、リニューアル前とリニューアル後では1,000円利用あたりのANAマイル還元率は変更ありません。

ワールドプレゼントポイントのリニューアル伴うポイント交換の停止

ワールドプレゼントポイントのリニューアルに伴い下記の期間は、ポイント交換ができませんのでご注意ください。

  • 2020年5月16日(土)~5月31日(日)

ワールドプレゼントポイントの移行方法

ワールドプレゼントポイントの価値が、現状の1ポイント=5円相当から1ポイント=1円相当に変更となるため、5月末時点で所有しているワールドプレゼントのポイント残高は、リニューアル後のポイントへ自動で移行されます。

  • 現在の1ポイントにつき、リニューアル後のポイント5ポイントで換算し、有効期限はそのまま引き継がれます。

三井住友ANAカードの関連記事

facebookの
「いいね」「フォロー」をお願いします

最新情報をお届けします

Twitterのフォローをお願いします。

おすすめの記事