マイ友プログラムの得する利用方法を解説|知らないと1,500~5,000マイルの損

マイ友プログラムはお得に利用しないと獲得マイルを1,500マイル~5,000マイル「損」します。
マイ友プログラムは1人1回しか利用できないため、より多くのボーナスマイルを獲得するためにマイ友プログラムで利用するANAカードを検討する必要があります。

その前に、『マイ友プログラムの説明は不要』『すぐにマイ友プログラムを利用したい』という人は、下記の紹介者番号をご利用ください。

マイ友プログラムの紹介番号
  • 紹介者姓:ヒライ
  • 紹介者名:イサオ
  • 紹介者番号:00009353

 

目次

ANAカードの種類でマイ友プログラムのボーナスポイントは変動する

マイ友プログラムで獲得できるボーナスマイル

マイ友プログラムの対象カードは、

  • ANAカード
  • ANAプリペイドカード
  • ANAマイレージクラブ Financial Pass Visa デビットカード

の3種類で分類されています。

さらに3種類の内、「ANAカード」は、

  • 一般/ワイド:500マイル
  • ゴールド:2,000マイル
  • プレミアム:5,500マイル

に分類されており、それぞれ獲得できるボーナスポイントが異なります。

ANAカードの種類については、下記の公式ページでご確認下さい。

 

マイ友プログラムに登録する前に知っておきたい重要な規定

マイ友プログラムを利用する前に、利用規約を理解しておく必要がありますので解説します。

マイ友プログラムの利用は1人1回のみ

※入会者がすでに、同じ種類のカード会員であった場合は対象外になります。
※入会者が過去に同じ種類のカード会員であった場合は、対象外になります。

マイ友プログラム|注意事項抜粋

 

簡単に言うと、「3種類カード(ANAカード、ANAプリペイドカード、ANAマイレージクラブ Financial Pass Visa デビットカード)につきそれぞれ1枚に限りマイ友プログラムは適用されるということです。つまり、新規でANAカードに入会される方のみが対象ということです。

過去にANAカードの会員であっても退会後6カ月を経過していればマイ友プログラムの対象

退会後6カ月を経過している場合かつ過去に本プログラムでのマイルをお受け取りになられていない場合は対象になります。

マイ友プログラム|注意事項抜粋

 

過去にANAカードを発行していても、退会後6カ月を経過しており、マイ友プログラムを1度も利用していない人はマイ友プログラムのボーナスマイルの対象となります。

マイ友プログラムは自分で自分を紹介できない

紹介者と入会者が同一人物の場合は、対象外になります。

マイ友プログラム|注意事項

 

「ご自分をご自身で紹介できるのか?」という疑問につても、はっきり明記されており、自分自身を紹介することはできません。

マイ友プログラムで損しないための留意事項

マイ友プログラムは、申し込むANAカードの種類(一般/ワイド、ゴールド、プレミア)ごとで獲得できるボーナスマイルが異なり、1人1回しか利用することができないためマイ友プログラムで利用するカードの種類(一般 or ゴールド or プレミア)をしっかり検討する必要があります。

一般カードとゴールドカードを申し込みする場合はゴールドカードでマイ友プログラムを利用しないと損する

1人1回しか利用できないマイ友プログラムは、プレミアカード・ゴールドカードを優先に利用しないと1,500〜5.000マイル分を損します。

先に一般/ワイドカードを発行してから、次にゴールドカードを発行した場合、1,500マイル損する

先にゴールドカードを発行して、次に一般/ワイドカードを発行した場合、2,000マイル獲得できる

ゴールドカードを例に図表を記載しましたが、プレミアカードの場合も同様です。
プレミアカードを発行する場合は、一般/ワイドカードでマイ友プログラムを利用すると5,000マイル分を損します。

陸マイラーがマイ友プログラムで損しないために検討すべきこと

上記は、陸マイラーが活用している代表的なANAカードです。
①~③は一般カードのためマイ友プログラムでは500マイルしか獲得できません。一方、④⑤はゴールドカードですので2,000マイル獲得できます。

これから陸マイラー活動をはじめる人は、①~③のカード(一般カード)の発行を初めにする人が非常に多いのですが、検討すべきポイントは、ゴールドやプレミアカードを発行するか?しないか?です。

マイルを簡単に貯めることができるゴールドカードの発行を検討しよう

日常生活の中でマイルが貯まりやすいクレジットカードは、マイル還元率が一般カードより高いゴールドカードです。ゴールドカードは年会費が高い印象がありますが、高いマイル還元率で年会費分を補うことが可能です。

マイルが貯まりやすいゴールドカードに日常生活のショッピングや固定費の支払を集中させる方法が、最も簡単にマイルを貯める方法なため、陸マイラー初心者は、ゴールドカードを持ことから始めることをオススメします。

ソラチカカード、ANA nimocaカード、ANA TOKYOカードなどの一般カードの入会からマイ友プログラムの利用を検討している人は、その前にゴールドカードの新規入会の検討をして下さい。

一般カードよりランクの高いカードの発行しないか?をじっくり検討しましょう

 

もし、安易に一般カードでマイ友プログラムを利用してから、後にゴールドカードを発行したい思っても、先に一般カードでマイ友プログラムを利用してしまうと500マイルしか獲得できず、1,500マイル分を損してしまいます。

おすすめはANA VISAワイドゴールドカード

f:id:isao15453:20171202212148j:plain

ANA VISAワイドゴールドのマイル還元率は1.65%+αとなり、非常に高パフォーマンスのカードです。筆者は2年半以上このカードを利用していますが、2019年現在もこのカードをメインカードとして利用しています。

三井住友VISAは、随時、ポイント増量キャンペーンを実施しているのでキャンペーンを上手く利用すれば、マイル還元率は2%を超えます。また、三井住友VISA/MASTERカードは、年会費の割引があり、ゴールドカードでも、年会費は1万円を切ります。 加えて、マイルは貯まるし、ゴールドカードとしての手厚い特典も付いています。

筆者のANA VISAワイドゴールドカードの利用実績を公開

利用金額 獲得マイル マイル還元率
2017年 3,503,933円 69,068マイル 1.97%
2018年 2,993,039円 66,990マイル 2.24%

ANA VISAワイドゴールドカードの理論上のマイル還元率は1.65%ですが、随時開催されるキャンペーンなどを併用すると上記にように1.65%を上回る結果となっています。
年会費約10,000円の対価が70,000マイルと考えると、ANA VISAワイドゴールドカードの価値の高さを理解して頂けるのではないでしょうか?

70,000マイルあればANAのエコノミークラスだと、どこにでも行けますね!

マイ友プログラムの登録をする(紹介番号記載)

マイ友プログラムの登録は、ボーナスマイルが多くもらえるプラチナ>ゴールド>一般の順を意識してお一人1回だけ利用できるマイ友プログラムを有効に利用して下さい。

マイ友プログラムは、登録後3ヶ月以内に、ご希望のANAカードに新規入会すればボーナスマイルがもらえますので、まずは、マイ友プログラムに登録しましょう!

マイ友プログラムの紹介番号と登録ページ

マイ友プログラムの登録は、3分もあれば作業は完了します。 登録内容は、紹介者の氏名と紹介者番号を入力して、氏名と生年月日を登録するだけです。

マイ友プログラムの紹介番号
  • 紹介者姓:ヒライ
  • 紹介者名:イサオ
  • 紹介者番号:00009353

下記のリンクをクリックして、マイ友プログラム登録ページから必要事項を入力してください。

マイ友プログラム登録手順

マイ友プログラムの登録|紹介者氏名と紹介番号、あなたの氏名と生年月日を入力してください

マイ友プログラムに登録した、氏名・生年月日は紹介者には公表されません。

マイ友プログラムに登録|登録した内容を確認しましょう

マイ友プログラムに登録|【登録完了しました】が表示されれば手続き完了です

 

これで、各カード会社が実施している新規入会キャンペーンなどから入会手続きをすれば「マイ友プログラム」参加によるボーナスマイルを獲得することができます。

マイ友プログラムの事後登録は無効

注意事項
【(重要)注意事項】
必ず、マイ友プログラムの登録を済ませてから、各カード会社又はANAが実施している入会キャンペーンから新規入会手続きをして下さい。先にマイ友プログラム登録していない場合は、マイ友プログラムのボーナスマイルがもらえませんのでご注意ください。

ANAカードのキャンペーン

各カード会社(JCB、VISA、アメックス)の入会キャンペーンも合わせて利用しましょう。

①JCBのキャンペーンは下記のリンクからどうぞ!(オフィシャルページ)

最大23,400マイル

入会対象期間:2019年7月19日~2019年10月15日

 ②ANAカード新規入会キャンペーンは下記からどうぞ!(オフィシャルページ)

最大23,000マイル

入会対象期間:2019年7月19日~2019年10月15日

③ANAアメックスカードの新規入会は紹介プログラムのご利用がお得

ANAアメックスカードの新規入会については、ポイントサイトを利用するよりアメックスの既存会員からの紹介での入会が数千〜1万ポイント(マイル)お得です。

2019年8月現在のキャンペーン内容

対象カード 新規入会ボーナスポイント
ANAアメリカン・エキスプレス®・カード
年会費:7,000円+税
合計38,000ボーナスポイントプレゼント (ボーナスポイントの内訳)

  • ご入会ボーナスマイル1,000マイル
  • ご入会3カ月以内に1万円のご利用でさらに2,000ボーナスポイント
  • ご入会後3か月以内に合計20万円以上ご利用で、さらに8,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会後3ヶ月以内に合計60万円のご利用達成で、さらに21,000ボーナスポイントプレゼント
  • クレジット60万円のご利用で6,000ポイント
ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
年会費:31,000円+税
合計60,000ボーナスポイントプレゼント (ボーナスポイントの内訳)

  • ご入会ボーナスマイル2,000マイル
  • ご入会3カ月以内に1万円のご利用でさらに2,000ボーナスポイント
  • ご入会後3か月以内に合計20万円以上ご利用で、さらに18,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会後3ヶ月以内に合計60万円のご利用達成で、さらに32,000ボーナスポイントプレゼント
  • クレジット60万円のご利用で6,000ポイント

紹介からのお申し込みをご希望の人は下記のリンクからお申し込みが可能です。下記のリンクからお名前とメールアドレスを登録して頂くと、紹介用URLを返信いたします。

紹介用URLをクリックすると下記の画面(PCの場合)が表示されるので、「その他のカードはこちら」からANAカードを選択してください。
☆ポイントサイト及びアメックスの紹介制度をご利用の場合は、必ず、先に「マイ友プログラム」に登録して下さい。「マイ友プログラム」に先に登録しないと「マイ友プログラム」のボーナスポイントは付与されません。

ANAプリペイドカードまたはANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードの発行でさらに100マイルGETしよう!

ANAプリペイドカード/ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードは、ANAカードは別枠で「マイ友プログラム」を利用することが可能で、それぞれ100マイルもらえます。

いずれのカードも年会費が発生しないカードですのでリスクはありません。既にANAカードを「マイ友プラグラム」を利用して発行している方は、「マイ友プログラム」に再登録する必要もありません。発行すれば100マイルが自動的に付与されますので発行を検討してみては如何でしょうか?

ANAプリペイドカードとANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカードの詳細は下記(オフィシャルページ)を参照してください。

 

 

facebookの
フォローをお願いします

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事