アメックスビジネスゴールドは紹介プログラムで一撃108,000ポイントと初年度年会費無料!サラリーマン/会社員でも入会可能【2019年度版】

現在、アメックスの紹介プログラムでは、大量ポイントを獲得できるキャンペーンを実施しています。その中でも、アメックスビジネスゴールドカードの新規入会でもらえるボーナスポイントは、

最大108,000ポイント

そして

初年度年会費無料

も付いています。

また、アメックスビジネスゴールドカードは、ビジネスカードと言っても、サラリーマン/会社員でも新規入会することが可能です。
この記事では、アメックスの紹介プログラムの利用方法やサラリーマン/会社員が新規入会する方法等を解説しています。

アメックスビジネスゴールドカードの紹介プログラム特典内容

下記がアメックスの紹介プログラムの特典内容となります。

カード名 紹介プログラム特典
アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード

f:id:isao15453:20180414161146j:plain

年会費:34,100円(税込)

初年度年会費無料
ご入会後3か月以内合計20万円のご利用で 6,000ポイント
ご入会後3ヶ月以内に合計50万円のご利用で 12,000ポイント
入会初年度に合計200万円のご利用で 30,000ポイント
さらに200万円ご利用で通常ポイント ※1 最大60,000ポイント
合計 最大108,000ポイント

ご覧のように、年間200万円の利用達成で最大108,000ポイントもらえます。

※1 200万円利用で通常ポイントが最大60,000ポイントについて~ボーナスポイントプログラム~

アメックスプラチナカードは通常100円利用ごとに1ポイント獲得することが可能ですが、アメックスの特典である「ボーナスポイントプログラム」に登録(アメックスプラチナカード会員は登録無料)することで、ボーナスポイントプログラム加盟店で利用すると100円利用ごとに3ポイント獲得できます。

ボーナスポイントプログラム加盟店

JAL、HIS、アメリカエキスプレストラベルは、航空券や旅行代金など高額決済が狙えるのでボーナスポイントプログラムを活用しましょう。AmazonやYhaooショッピングも対象となっていますので利用シーンは幅広いです。

アメックスビジネスゴールドカードを紹介プログラムで入会する方法

アメックスの紹介プログラムとは、既存のアメックス会員(アメックスカード保有者)の紹介で、アメックスカードを発行すると、紹介プログラム限定のボーナスポイントがもらえるお得なキャンペーンのことを言います。

筆者はアメックスの会員ですので紹介プログラムアメックスビジネスゴールドカードを紹介することが可能です。ご希望の人は下記の『アメックスの紹介プログラムを申込む』をクリックし、次画面でお名前、メールアドレスを入力して頂くと紹介申込用のURLが記載されたメールが届きます。

最大108,000ポイント

申し込み用URLをクリックして頂くと、下記(左)画面が表示されますのでこちらから申し込み手続きをお願い致します。

アメックスビジネスカードはサラリーマン(会社員)でも申し込み可能

そもそも、ビジネスカードを一般サラリーマンが発行できるのか?という疑問があるかと思いますが、答えは『発行可能です』。実際、わたしは一般的なサラリーマンですが、ビジネスカードを発行してしています。

ビジネスカードは、法人代表者用と個人事業主用がありますが、サラリーマンの方は、基本、個人事業主用を発行することになると思います。私も個人事業主用のビジネスゴールドカードを発行しました。

私の場合は、副業を始める可能性があるということでビジネスカードを発行していますが、実際には副業はしていません^^;

個人事業者用ビジネスカードの審査は利用者(カード名義人)の信用が100%重視されますので「事業内容」や「事業の売上」などは、ほとんどチェックされていないようです。ですので、申し込み時に事業の売上などを入力する項目はありますが、ほとんど審査の対象にはなっていません。売上については、本業の収入を記載すれば問題ありません。

アメックスビジネスカードの申し込み/入会方法を解説

ビジネスゴールドカードの申し込みは、自営業や副業をしていることを想定した申し込みフォームとなっているため、記入方法に迷われる方も多いと思います。

以下に申し込み時の入力項目と、私がビジネスゴールドカードを申し込みした際の入力例を記載しましたので参考にして頂ければと思います。

f:id:isao15453:20180416220436j:plain

 

アメックスカードの審査条件

アメックスカードに新規入会するための必須審査条件を記載しますが、その内容はみなさんが想像されているほどは厳しい条件ではありません。こちらの情報はアメックスに詳しい知人からの情報も交えて記載しています。

審査条件①~クレジットカードの過去利用実績

まず、過去1年に他社を含むクレジットカード引き落としの遅延がないこと

これは必須条件となりますのでご注意下さい。

もし、クレジットカードの利用代金の引き落としが銀行口座の残高不足などで遅延履歴のある方は、アメックスカード発行の審査は通過は厳しくなりますのでご注意下さい。

これに該当する方は、最低でも延滞を解消した日から14ヶ月以上期間を空けてからカードの申し込みをしましょう!

審査条件②~年収の目安は300万円

アメックスカードの年収の目安は300万円以上と考えていただくのが無難です。アメックスカード申込み時の年収の申告については、【年収欄】に自己申告で記載するのみです。私の場合も、とくに電話による確認や源泉徴収票の提出などは求められませんでした。アメックスの年収チェックは、基本、申込み時の自己申告のみが通常のようです。

また、申し込み時の【年収欄】に記載する金額は、税金等の控除前の金額を記載しましょう!下記に源泉徴収票を添付しましたが、【支払金額】の部分ですね。【給与所得控除後の金額を】記載すると、年収額が少なくなるので審査が不利になるのでお間違いのないように!

f:id:isao15453:20180405213610j:plain

また、アメックスに詳しい知人からの情報によると、申し込み時に記載する年収は、世帯年収でも問題ありません。世帯年収は夫婦合算の年収額と考えてください。例えばご本人(夫)の年収が年収300万円ぎりぎりの方は、配偶者の年収を加算して年収額を記載することで、審査がより有利になります。アメックスは、基本的に、年収は自己申告ですのでアバウトでも問題ありません。たとえば、360万円なら400万円と記載しても問題ありません。

ただし、あまりにも実収入と乖離した虚偽の申告はしなようにして下さいね

アメックスビジネスゴールドカードの年会費と主な特典

アメックスビジネスカード独自の特典をまとめました。

アメックスビジネスゴールドカードの年会費

年会費は、34,100円(税込)と安い金額ではありませんが、年会費を上回る特典が準備されています。
※紹介プログラムからの入会で初年度年会費無料です。

ビジネス・ダイニング by ぐるなび

会食や接待にふさわしいレストランを経験豊富なコンシェルジュが、エリアや予算、人数などの希望に合わせて探してくれるとても便利なサービスです。

ライフサポート・サービス「クラブオフ」

75,000以上の契約施設を特別料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料。追加カードを持っている社員も利用可能です。

ヘルスケア無料電話相談

食事、運動、健康維持などに関する質問に対するアドバイスや、医療機関の紹介もしてくれる無料の電話健康相談窓口です。

手荷物宅配サービス(東京駅)

東京駅構内の宅配カウンターで手荷物を預けて宿泊先のホテル(東京23区内)へ無料で当日配送してくれます。
また、この特典とは別に、海外出張の際に出発・帰国時(自宅ー空港間)に、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してくれるサービスもあります。

国内航空機遅延費用

基本カード会員本人が国内出張の際に、カードでチケットを購入された航空便において遅延・欠航が発生した場合、臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償。また、手荷物の到着遅延や紛失により負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償してくれます。

アメックスのリワードポイント108,000ポイントの価値

f:id:isao15453:20180409211555j:plain

アメックスカードで貯まるポイントをリワードポイントと言いますが、このリワードポイントを最も有効に使う方法は、ANAマイルに交換することです。ANAマイルへの交換は、1p=1マイルに交換可能なので、108,000ポイントがそのまま108,000マイルに交換することが可能です。

ANAマイル108,000マイルで何回フライト出来るのかをわかりやすくするために、ANAの必要マイル数の一例を記載しておきます。

国内線往復の必要マイル

ほとんどの区間がレギュラーシーズンですと12,000マイルで往復することが可能です。札幌⇔沖縄などの一部の長距離路線は20,000マイルで往復することが可能です。最も多い路線の12,000マイルで計算すると国内線は8往復で4,000マイルお釣りができます!

国際線(レギュラーシーズン エコノミークラス)の必要マイル

108,000マイルあればハワイにも2往復できてしまいますね! 

国際線(レギュラーシーズン ビジネスクラス)の必要マイル

ビジネスクラスでもどこにでも行けてしまいます。

国際線(レギュラーシーズン ファーストクラス)の必要マイル

さすがにファーストクラスを利用するのは難しいですが、ハワイへのファーストクラスが目の前です。

アメックスのリワードポイントをANAマイルに交換する際の注意事項

リワードポイントを1p=1マイルでANAマイルに交換するには、別途、コストが発生しますので、その点をご理解ください。しかし、このコストを加味してもANAマイルに交換することがリワードポイントを最も効率的に使う方法です。

コストとは下記の2つの年会費のことを言います。

  • メンバーシップ・リワードプラス:年間3,000円+税
  • メンバーシップ・リワードANAコース:年間6,000円+税

※ANAマイルに交換しない年は、上記を解約することで支払いをセーブすることができます。

また、リワードポイントからANAマイルへの交換は、年間4万マイルという上限があります。年間と言うのは、1月〜12月の期間を差します。例えば80,000ポイントをマイルに交換する場合ですと12月に4万マイル、1月に4万マイル交換すれば、短い期間でマイルに交換する事が可能です。1月に4万マイル交換した場合は、翌年の1月まで残りの4万マイルは交換できないので注意が必要です。

なお、ANA以外のマイルに交換する場合は、年間の上限なくマイルへの交換が可能です。

 

最大108,000ポイント

facebookの
フォローをお願いします

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事